採択事例:飲食業テイクアウト・デリバリーの事業 事業再構築補助金代行

主たる事業(大分類) 事業類型 事業計画名 事業計画の概要
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 接触機会を削減した新たな注文方法によるテイクアウト販売事業 幅広い世代に人気の唐揚げと地域の食文化として根付いている焼き鳥のテイクアウト事業を新たに実施する。人件費と接触機会の削減を目的にセルフオーダー及びインターネットからの事前予約システムも新たに導入する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 「地産地消」・「地産共有」による新スタイルのジェラート店の開業 テイクアウトを主体とし、地域食材を効果的に活用する地産地消を推進するジェラート店を開業し、加えてフランチャイズ化することによる全国各地の地域食材を店舗間で共有し提供する地産共有の仕組みを構築します。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 地元の新鮮なフルーツをトッピングした「映える」ソフトクリームのテイクアウト販売計画 飲食店舗の一角を改装し、地元の農家から仕入れたフレッシュなフルーツをトッピングした、いわゆる「映える」ソフトクリームのテイクアウト販売を開始し、SNS等を活用した広告宣伝を活用しコロナ後の集客と売上を伸ばし、地元の農家の活性化を図る。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 焼肉業態の新規拠点設置によるリスク分散化と新規デリバリー商品開発による二毛作化 当社で運営する居酒屋業態1店舗を焼肉業態に変更し、その焼肉店を拠点に他社との差別化を図りながら、当社が運営する全飲食店舗でのデリバリー、テイクアウト事業(バーチャルレストラン)との二毛作化を図り、主力事業の居酒屋業態経営のリスク分散化を進め、事業の再構築を目指す。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 老舗仕出し屋の挑戦!ご自宅用お食い初め膳・イベント料理の冷凍通販と自社トラックを改造してフルーツサンドのテイクアウト販売 「ご自宅用お食い初め膳」、「お赤飯」、北海道のご当地料理「法要向け黒飯」、「おせち料理」の開発、冷凍通信販売で全道・全国に販路拡大。また配送用トラックをキッチンカーに改造し、テイクアウト販売を開始。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 外食大衆酒場から、単身者及び家族世帯向け中食大衆酒場への新分野展開 新型コロナウィルスによる外出自粛、酒類提供の短縮・中止要請、まん延防止等重点措置、緊急事態宣言などにより業績に多大な影響。コロナ禍で需要が高まるテイクアウト事業の併設。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 テイクアウト専門店併設の非接触型コインランドリー 居酒屋での売上減少を補完すべく、非接触型コインランドリー事業を始める。また、コインランドリーへ顧客を呼び込むために当店の強みを活かしたテイクアウト専門店を併設する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 屋外設置の冷凍自動販売機による食料品販売と自社サイト構築 地元の農産物を使用したスープカレー等の商品化を進め、屋外・被対面での自動販売機にて販売を開始する。また、店内テイクアウトやオンラインショップ等強化に向け自社サイトを構築する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 テイクアウト事業への新規参入 店内の既存メニューを利用してテイクアウト商品を新たに開発し、店内飲食に並ぶ当社の主要な事業の一つとして実施することを目指す。コロナ明けの急激な外食需要を見込んで2020年6月に導入したホシザキスチームコンベクションオーブンを活用して、効率的にテイクアウト商品の製造を実施する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 既存店舗と併設したテイクアウト専門スイーツショップ新設 店舗の一部を工事し、新たにテイクアウト専門の店舗を併設し新たなテイクアウトメニューを提供することで、減少した店内飲食の売上を補い、お客様も安心した状態での飲食の提供を目指しています。店内飲食とテイクアウトを完全に分けることにより、密になることを回避しオペレーションの効率化を図ります。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 名物「ザンギ」を自宅で!新たな消費行動に対応するテイクアウト事業 名物の「ザンギ」を提供している居酒屋だが、コロナ禍において店内飲食だけでは事業継続が危ぶまれるため、自宅でこだわりの食事をとるといった新たな消費行動への対応として、当地では数少なく差別化可能なテイクアウト事業を開始し、新たな需要を喚起する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 おにぎりサンドで札幌を元気に!すすきの活性化事業 北海道札幌市内でおにぎりサンドの宅配・テイクアウトの販売事業を開始します。札幌市内では競合他社が少ないおにぎりサンドを、ITツールを積極的に活用しつつ、ECサイトを構築することで、売上と生産性の向上という両立を実現します。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 お肉専門のデリカテッセンの運営 飲食店が中食の役割を果たしている事が今回のコロナの影響により、弊社テイクアウト・予約食肉販売・地方発送などの実積で裏付ける。このニーズに対応し、弊社の強みである食肉の仕入れを生かしたデリカテッセンの製造販売の新分野に舵をきり再構築する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 非対面式の券売機注文システムを活用した唐揚げのテイクアウト販売事業への新規取組 ラーメン店を経営しておりましたが、新型コロナウィルス感染症の影響により来客数が大幅に減少したため、業態転換により、非対面式の券売機注文システムを活用した唐揚げのテイクアウト販売事業を新たに開始いたします。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 セントラルキッチン整備によるワンストップ受託事業 時短要請やお酒の提供不可、すすきの地域に限定した規制などが発令によって、お客様の客足が絶える期間が約1年半続いており、店舗で待ち営業していてもお客様が来ないな為に、移動販売車を使いテイクアウトやデリバリーで売上を立てているが、1時間の限界製造数が少ない。セントラルキッチンを整備し自社商品の製造とデリバリーとテイクアウトの受託事業を行い新しいビズネスを実施する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 店内飲食が可能な居酒屋業態から、持ち帰り・配達飲食事業への業態転換(提供方法) 外出自粛や休業・時短要請等により、店内飲食を中心とした飲食店の売上が激減した事から、持ち帰りや配達飲食事業での需要が高い商品である「餃子」や「唐揚げ」などのテイクアウト・デリバリー専門店を立ち上げ、業態転換(提供方法)行う。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 世界三大夕日と太平洋を望む高台に新しいスタイルの釧路名物炉端焼きを開業する コロナ禍によって低迷する歓楽街から世界三大夕日と太平洋を望む高台に、釧路名物炉端焼きを新たに開業し、自身の強み(経歴・技量・目利き・資格・人脈)を最大限に発揮しながら、コロナ下の外食需要、コロナ後の観光需要を捉え、ECショップ、テイクアウト、ワイン販売も加えた新分野展開に挑戦します
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 北見の街に元気を取り戻す!コロナ対策・地産地消の飲食業態転換 新型コロナウイルス蔓延に伴い、宴会などが出来ない状況となっている。新たな取組としてECサイトの構築、コロナ対策をしっかり行い老若男女が利用しやすい新たな焼肉店・居酒屋スタイルの構築、家庭で楽しめるテイクアウト事業の構築によって地域振興、売上回復に努めていきたい。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 店の味を手軽に味わう!オリジナル牛タンカレーテイクアウト事業 テイクアウト専用のメニューの開発とそれに伴い店舗改装を行う。また、購買分析データを集積可能な高機能レジの導入により、ユーザーニーズに合うメニューを開発し他店との差別化を図る。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 海鮮炉端居酒屋を活かした一人飲み居酒屋と貸会議室事業の開始 コロナにより飲食店の来店が減少する中、新たな軸を作り事業の継続と地域の発展を目指し、テイクアウト・デリバリーサービスを行う「海鮮居酒屋」「一人飲み炉端居酒屋」、飲食事業と連携した「貸会議室」の3つの新業態を開始する。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 飲食業界における先進的デジタルトランスフォーメーション化事業 ITツールの新規導入により、ジンギスカンやラムしゃぶのオンライン販売、テイクアウト等を実施し、併せて、自動販売機にて販売します。新規店舗はそのような業務の拠点としつつ、飲食店を併設することで、新型コロナウイルス収束後のインバンド需要を獲得します。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 30業態のロードサイドフードコート及び宅配サービス事業の展開 食に関わる山形の企業同士が力を合わせて完成した『山形デリバリープロジェクト』地方の、特に豪雪地帯では、大手デリバリーサービスでは参入が難しい中、誕生したのが『やまがたEats デリバリー&テイクアウト』です。その地域に住む人が考え、その地域のニーズに合わせ、デリバリーがその地域の人々にとって必要な文化になり「おうち時間での食事の選択肢を増やすこと」を目的として事業を構築しました。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 オンラインテイクアウト販売と店舗のコワーキングスペースへの活用による相乗効果の創出 コロナ禍で激減した既存飲食事業売上を補填すべく、オンライン注文システムを導入し、昨今の生活様式に根付き始めたデリバリー・テイクアウト需要に対応する。また、既存店舗のアイドルタイムを利用してコワーキングスペースを展開し、新たな収益の柱とする。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 うどん専門店が作る冷凍うどんの製造・テイクアウト・通信販売事業 お店の味をご家庭で!「オリジナル3たてうどん」を瞬間冷凍。コロナ禍で外食ができない人たちにご家庭でおいしいうどんを食べていただきたい、との思いから出汁もうどんもお店の味をそのまま冷凍化。店舗のテイクアウトコーナーや地元スーパーマーケット、インターネットで販売します。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 餃子製造機械導入による餃子のテイクアウトの販売 人気商品の餃子は手造り作業のため製造個数が少なく、品切れの日が多くあります。餃子製造機械導入により、製造個数を増やし、要望の多いテイクアウトの販売を開始し、家庭で餃子を食べて頂きたい。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 本格中華をワンコインで味わえる麻婆丼専門店への転換 繁華街である国分町から住宅地に近い宮町に場所を移して、新たに中華食堂をオープンする。

「夜のカラオケバー」から「昼のちゅか食堂」へ事業転換する。

またランチ提供とともに、テイクアウトも行う。

カウンターに一人一人パネルで区分された座席のみを用意。メニューは麻婆丼と餃子のみの設定で営業する。

宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 仙台初!!壺焼き芋の販売 居酒屋「道楽」の隣接地で、仙台初となる『壺焼き芋』を『紅道楽』として販売する。テイクアウトに加え、「道楽」のスペースを活用し、イートインによる販売も行う。壺焼き芋は、温かい芋と冷たい芋の2種類を提供し、オールシーズンで販売する。ソフトクリームとの相性もいいことから高級ソフトクリームのCREMIAとセット販売する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 コロナ禍を配慮したEC事業、テイクアウト•デリバリー事業を軸としたマルチチャンネル戦略の展開 創業以来、宮城県仙台市で飲食店(居酒屋)事業を営んできたが、コロナ禍の来店客数減少、売り上げ下落に対応すべく、新規事業としてマルチチャンネル化を図り、EC販売、テイクアウト、デリバリー事業を開始する事でコロナ禍のニーズに合う業態転換を実現する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 宮城の食材と韓国の魅力を非対面で全国に届けるプロジェクト! 対人接触機会を減少させる、テイクアウトやデリバリー、EC食品とアパレル販売を実施。全国に宮城県の食材と韓国料理、韓国トレンドの魅力を届けます。仙台牛セット、韓国料理セット、韓流衣料など。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 居酒屋+寿司を実現し新たな飲食文化と持ち帰り品の提供 オーナーの寿司職人の技術と、既存事業である居酒屋の経験を生かし寿司屋と居酒屋の融合を実現する。テイクアウトを始め、持ち帰りの需要に対応するとともに、周辺店舗と提携してケータリングや出前を行う
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 食と健康を支える健康メニューの提供とドライブスルーの導入 高齢化率上昇や孤食問題、世代を超えた健康志向の高まり等様々な「食」の在り方に於ける問題や変化に対応すべく、健康配慮型メニューの開発と提供、且つ利便性を高めたドライブスルーやテイクアウト形式も導入する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 「未来に向けて飲食店は進化する!テイクアウト、EC販売、店内飲食3つの柱の両立!」 非対面式の注文システムをHPに導入、店内客席の一部を撤去し、テイクアウト専用の「商品受け取り窓口」を設置。料理宅配業者を活用し地方の飲食店にイノベーションを起こす、新しいテイクアウト販売方式を事業化すると共にEC販売に挑戦する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 ナポリピッツァ専門店による移動販売並びにテイクアウト事業への新分野展開 コロナ禍により売上低下が著しい外食需要は立て直すまで数年を要するため、中食需要という新たなニーズに対応すべく、テイクアウト・移動販売へ参入する。また、既存事業を含め、相乗効果による売上拡大を図る。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 レンタルスペース事業による芸術発信機会の提供と福島の食材を味わえるテイクアウト事業 今使用していないコンテナを改装し、レンタルスペース事業として地元のアーティストの方々に貸し出し、また店内の食品をテイクアウトをできるようにすることで福島の食材と芸術を一緒に味わえる場所を制作します。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 新分野展開 イタリアン惣菜の販売 コロナにより、レストラン店舗の売り上げが落ち、雇用を守るため新事業参入。テイクアウト需要が高まる今、イタリアン惣菜を家や屋外で食べて楽しんでもらいたい。惣菜業を取得し、イタリアン惣菜を製造、販売する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 イートインとテイクアウトでターゲットスイッチする焼肉店の設立 現在は冷凍餃子を製造販売しているが、郡山駅前の商業施設内に焼肉店を設立する。商業施設内はファミリー層と学生が多くいるが、どちらの需要にも応えられるようにイートインとテイクアウトで顧客窓口を分ける。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 コロナ禍・コロナ後を見据えたテイクアウト専門店の新規出店事業 コロナ禍の影響により、事業継続そのものが危機的状況にある居酒屋において、収益構造を転換するため、昼間帯が営業の中心であり、テイクアウト形態が馴染みやすい、「から揚げ専門店」および「フルーツパーラー専門店」を新規出店する。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 セントラルキッチンを活用した、テイクアウト事業の導入 飲食業のイートイン自粛に対し、既存のセントラルキッチンを活用したテイクアウト事業を導入し売上の回復を図る。法事慶事の料理で培ったノウハウを生かした「ハレの日メニュー」で差別化を図り、拡大しているパーティー需要など新規顧客を取り込みV字回復する。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 「十割そば会」による新業態「中華そば」への転換とテイクアウト専用窓口の設置 コロナ禍により売上が半減するとともに物流リスク等が顕在化した。一部店舗を「そば」から「ラーメン」に業態転換しリスク分散を図る。またテイクアウト専用窓口を設置し新たなニーズに対応する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 地元の食材を活かした創作料理とフレッシュジューステイクアウト店の開業 ダーツバーの経営を縮小し、新たに地元食材を用いた創作料理やフレッシュジュースなどのメニューを揃えたテイクアウト店を開業する。フリースペースも備えて地域で活用。感染症の影響を受けにくい経営に転換する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 冷凍餃子の製造卸売販売開始に伴う工場の新設及び設備の導入 ①店内飲食事業を縮小させ、テイクアウト事業を拡大させるため、賃貸物件である店舗の宴会場を一部返却(原状回復工事が必要)し、固定費の縮小を図る。

②直営農場敷地内にある車庫を冷凍餃子の製造工場とするために改修し、必要設備一式を導入する。

③冷凍餃子を新たに販売するため、チラシ及びラベルのデザイン・印刷をする。

宿泊業,飲食サービス業 通常枠 地元産「つくば鶏」を使用した本格的焼き鳥テイクアウト店の出店 コロナ禍で客足が激減している飲食店の経営から「炭火で焼く、本格的なテイクアウト専門の焼き鳥店」へのシフトを進めます。
3坪ほどの大きさの、専用のユニットハウス型店舗を建設し、地元である茨城県や近隣エリアのスーパー前などでの出店を進めてまいります。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 居酒屋依存からの脱却!マーケテイングする農家と行うテイクアウト事業 コロナにより居酒屋は自助努力のみで雇用を維持することは不可能な状況です。
コロナ禍、低迷する飲食業界で唯一、需要が拡大しているテイクアウト&デリバリー事業に、居酒屋経営で培った強みをフル活用し参入する事業転換です。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 テイクアウト・デリバリー型惣菜店の創出「日立まるしめ発。和の恵みを食卓へ」 新型コロナウイルスの影響により既存事業が大打撃を受けており、今事業にて地場に貢献できる和食を中心としたテイクアウト・デリバリー型惣菜店を創業し、高齢化が進む地元に新しい形で貢献をする事業創造をします。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 お弁当専門店「つたやキッチン」の開業によるⅤ字回復チャレンジ事業 既存事業である宿泊業・飲食業の売上回復の見通しが立たない中、他業態でもテイクアウト事業が比較的安定していることを受け、当社の経営資源の多くをお弁当のテイクアウト事業にシフトする。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 団体宴会から個人へ、待ちから攻めへ、テイクアウト強化で再構築 コロナ感染の影響で売上の9割を占めてきた団体宴会は、宴会自粛の動きもあり回復は見込めない。業績を回復するには、人気のランチに新メニューを加えて、テイクアウト販売を強化する。

そのための設備投資等を実施して事業再構築を果たす。

宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 韓国・台湾スイーツのテイクアウト販売による新分野展開 新型コロナでテイクアウト需要が増加しているが、当社はラーメン店でありラーメンは汁こぼれや麺の伸び等の対策が必要でテイクアウトとの親和性が悪い。そこで補助事業では韓国や台湾スイーツをテイクアウト提供する事で客層を広げるとともに既存事業との相乗効果を高めた新分野展開を図る。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 「おふくろの味」をランチで提供!スナックから料理店への事業転換 コロナ禍により大打撃を受けたスナックの事業から、比較的影響が軽微であるランチを提供する料理店への事業転換を行う。お弁当のテイクアウト販売も併せて行い、ニーズへ対応することで事業収益の安定化を図る。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 クラフトビール醸造所設立計画 自社空き物件をクラフトビール醸造所へと転換。既存事業で培った商品開発力を活かし、地元農産品を副原料に使用したクラフトビールを醸造し、拡大する「中食(家飲み)」需要を取り込むべく、テイクアウト販売及びECサイトでの販売を行う。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 「見た目も大事だから持ち帰りにはできない常識」を覆したテイクアウトパフェの販売 カフェで人気のパフェをテイクアウト専門店で販売する。見た目でSNSに投稿前提のパフェを、持ち歩きに便利な容器に入れながらも新しい感覚のかわいらしさを追及し、コロナ禍でも通用する新市場を切り拓く。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 急速冷凍機の導入によるテイクアウト商品の自社開発、移動販売による新規顧客層の獲得 コロナ感染症の影響により対面で行う葬儀が減少、葬儀社へのケータリングサービスを主軸としていた当社の売上は激減している。そこで新事業では、急速冷凍機を導入し、テイクアウト商品の自社開発・製造に挑戦する。また、新商品をキッチンカーで販売することで、新規顧客層の開拓を目指す。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 大谷石窯使用!栃木県産有機栽培野菜のイタリアンパンの製造販売 コロナ禍の内食需要と健康ニーズの高まりに対し、共同開発した大谷石釜と社長のパンの調理技術の活用、さらに有機栽培野菜使用により差別化されたイタリアンのパンを農産直売所・テイクアウト・ECサイトで販売する。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 自社の強みを活かしてニーズの高いテイクアウト販売・チーズ製造への挑戦 本事業は当社の料理のテイクアウト販売による市場ニーズの高い中食産業への参入と「ギャルド・エ・ジュレ」の称号を持つチーズマイスターによるチーズ製造を行う
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 新名物で攻めの経営へ ・土産販売スペースを縮小し厨房施設を拡張することで、総菜の製造許可を取得し、提供できるメニューの多様化を図る
・「榛名湖ピザ(仮名)」を榛名湖名物として、アウトドアで食べやすいテイクアウト食品として提供
・「榛名湖甲子亭」のブランドを冠した「手打ちそば」「手打ちうどん」を開発商品化し、自社売店、道の駅やスーパーで販売する
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 イートインカフェから「台湾唐揚げテイクアウト専門店」への新分野展開 現在、県内で2店舗ドリンク専門カフェを運営しておりますが、コロナの影響によりドリンク販売だけでの収益の確保が厳しい状況です。昨今のテイクアウト需要の増加とから揚げブームの相乗効果で、以前より構想していた「台湾から揚げ」がマッチしていると考えております。ただし、既存店舗はテナント契約中であり、新規事業が難しい為、新店舗での販売を考え、ちょうど今回の事業再構築にあたると思い申請に至りました。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 予約システムを活用したオペレーション中心のテイクアウトへの事業転換 現在の宴席や法事など接客中心の店内飲食から現店舗を一部セントラルキッチンとし、牛ステーキをメインメニューに絞った専門的なテイクアウト店を出店、オペレーションを単組化し店舗展開出来る事業とする。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 飲食店リノベーションによるニューノーマル対応プロジェクト コロナ禍によって一変してしまった生活様式に対応する、ニューノーマルな店舗を持ち、既存のメニューに変わる「テイクアウト」を中心とした商品を「新たな土地」で展開することで新規顧客の獲得と販路開拓に挑戦する。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 老舗旅館がテイクアウト・ケータリング・ECサイト中心の飲食店に挑戦 老舗旅館がウィズコロナに対応するために新たにテイクアウト・ケータリング販売とECサイトを設け、未開拓の顧客層を取り込み、新分野において総売上高の18%以上を構築するため、店舗の新築および設備導入等を行う事業
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 美容と健康志向が高まる顧客へのデザートドリンクの製造とテイクアウト販売事業。 新型コロナウイルスの蔓延でパチンコホール向けワゴンサービスの売上が激減する中、在宅時間増加や市場の健康志向による美と健康への関心の高まりを受けデザートドリンクをテイクアウトで提供する新分野に展開する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 沖縄ぜんざいのかき氷等沖縄メニューに特化したキッチンカー事業への転換 コロナの影響で売上高が減少しているため、テイクアウト需要の拡大をチャンスととらえて、沖縄の有名店「富士屋」の沖縄ぜんざい(かき氷)等の沖縄メニューを提供するキッチンカー事業を開始する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 調理及びテイクアウト施設設置による惣菜・弁等等の開発と新サービス提供 調理専門兼テイクアウト施設を新設して揚げ物を中心とした惣菜や弁当・冷凍流通商品を販売いたします。家飲みで揚げ物は好きだけど家で揚げ物をしたくない方などをターゲットとした、新たな市場を開拓していきます。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 老舗町中華の味をお楽しみ頂ける無人冷凍食品販売店の開設 既存事業である中華料理店でのテイクアウトだけでなく、新たに非接触型決済に対応した冷凍自動販売機を用いて、成長過程の中食市場に本格進出し、新規顧客への販売、既存店舗への集客増にも結びつけ、相乗効果を図る。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 老舗料亭を後世に残すためのファザード・メニュー再構築事業 観光地に立地していることを活用するため、老舗料亭のファサードを大胆に変更し、老舗の伝統と技を活用したテイクアウト(食べ歩き)商材を開発・販売する。テイクアウトでファン創りを行い既存事業への波及を図る。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 ウィズコロナ・アフターコロナに向けてのテイクアウト・デリバリー事業へ新規参入 既存のサービスメニューと新商品の唐揚げをテイクアウト・デリバリーの事業を展開する
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 地域の方々に食と笑顔を届けるイタリアン・ファミレスのテイクアウト事業計画書 これまでの居酒屋からイタリアン・ファミリーレストランへの事業転換を図り、「イタリアンサンドイッチ」「ナポリピッツア」を主力商品とした「テイクアウト・デリバリー」事業を新たに起こす。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 食堂事業の開始及びテイクアウト販売の強化による売上高の拡大 新型コロナウイルス感染拡大の影響により売上高の減少が続くなか、店舗改装や厨房機器の導入等により食堂事業を開始するとともに、需要拡大が見込まれるテイクアウト販売も強化し売上高の拡大を目指す。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 コロナ時代に適応したテイクアウト+イートイン事業への業態転換 新型コロナウイルスの影響下で生じたテイクアウトニーズに合わせ、商品の提供方法を「コロナ時代に適応したテイクアウト+イートイン事業」に業態転換いたします。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 いすみの地元食材をつかったドライブスルー対応のテイクアウトを開始 コロナ化による地元客が減少する中で、新規顧客層を開拓するため、近隣農家から規格外などの地元食材を調達し、ドライブスルー対応のテイクアウトメニューを開始することで独自性を発揮し売り上げのV字回復を図る。

関連記事

  1. 第1回公募の応募と採択結果データ

  2. 日本標準産業分類ごとの事業計画の概要が公開

  3. 事業再構築補助金代行コンサルティングサービスの秘密|M41相談無料

  4. 採択事例:薬局 地域医療に特化した調剤薬局 事業再構築補助金代行

  5. 採択事例:建設会社非対面式デザイナーズホテル 事業再構築補助金代行

  6. 1次(事業再構築補助金)の事業者で根抵当権が問題で交付決定が取消