採択事例:建設会社非対面式デザイナーズホテル 事業再構築補助金代行

主たる事業(大分類) 事業類型 事業計画名 事業計画の概要
建設業 通常枠 建設デザイン会社のバケーションハウス事業への新分野展開 小樽市にある遊休施設を当社の強みであるデザイン性の高いバケーションハウスに改修。宿泊事業を展開する。宿泊場としての快適性は勿論、街のモノ・ヒト・コトと旅行者を繋げる場所として運営を行い、旅行者にり休息の場・新たな発見の場となるよう事業を展開していく。
建設業 通常枠 地域潜在不動産活用と新しいワーキングに即した拠点建設事業 新型コロナウイルスの影響によって弊社主力事業の売上が伸び悩んでおり、今後も回復する兆しが見えないため、新事業として地元美瑛町の空家再活性化を見込んだ地域に根差した不動産取引事業及びリモートワーク等の新しい働き方を支えるレンタルオフィスの複合施設を建設する。
建設業 通常枠 「建設用金物およびサイン」の製造加工部門の新設事業 コロナウィルス及びウッドショックにより受注の伸び悩みがみられる中、「建築用金物」および「サイン」を製造・加工し、自社施工で活用するとともに、他の建築業者等に販売することによって、売上拡大および粗利率の改善を目的としています
建設業 通常枠 100年後の森を作る!建設業から特殊木加工製造業への挑戦 「CNC5軸加工機を用いた木材製品・構造部材製造事業」を通して持続可能な森づくりを目指す。弊社はデザイン・設計を得意とする事と、施工対応エリアが広く、また施工の実績を持っており、他社とは違う、高度な設計と高度な加工技術により新たなる産業をめざす。
建設業 通常枠 外構技術を再利用した地域一体型観光農園の建設と運営 長年の外構工事業で培った技術と経験を活かして、自然と調和した観光農園を作り上げる。又、広大な敷地を最大限活用し、弊社既存の他施設と一体化させ近隣市町村との連携を図る事により、他にはない地域一体型の観光農園を作り上げる。
建設業 通常枠 技能実習生向け建設業に特化した多言語対応研修用映像配信サービスの開発 コロナ禍による建設業界不況に対応すべく、建設業に従事する人材として近年存在感を増している技能実習生をターゲットとした、建設業に特化した研修用動画を配信するプラットフォームを構築・展開することで、技能実習生を早期戦力化したい企業のニーズを捉え、新たな需要を創出する。
建設業 通常枠 ウィズコロナの生活様式に合わせた屋外空間を充実させた商業施設の建設、運営 ウィズコロナの生活様式に合わせ、屋外空間を充実させた商業施設を建設し、おしゃれなカフェ&レストランを運営する。テイクアウトにも力をいれるほか、店舗内ではアウトドア用品の販売も行う。
建設業 通常枠 栃木県矢板市内におけるワーケーション施設併設飲食店及び農業福祉連携施設の建設 地域住民と取引先のニーズに応えた、栃木県矢板市に関東近郊からの集客をするための施設としてワーケーション施設併設飲食店を建設し、デリバリーと既存取引先の商品をECサイトで販売を行う事業。
建設業 通常枠 不動産事業部新設並びに新店舗建設計画 フランチャイズのノウハウやITツールを有効的に活用した上で。建設業・設計事務所としての経験や技術を掛け合わせ「ハイブリッドな不動産屋」となり、ストック住宅や空き家対策に貢献できる企業へ成長する為の計画
建設業 通常枠 建設用3Dプリンタを導入したビジネスモデルの構築及び新分野展開 コロナ禍による経済の衰退による企業・個人の収入格差が生じている中、当社の基本設計から施工まで一貫して行うデザインビルド方式の強みを活かしつつ、新たな施工方法である建設用3Dプリンタを導入した建築物の低コスト化の実現
建設業 通常枠 建設工事現場から出る産業廃棄物の収集運搬業への進出 外注業者に廃棄処分を依頼していた建設系産業廃棄物の収集運搬業務を内製化します。かねてより取引先からも対応依頼があり、必要資格の取得や社内環境の調整、設備導入を進め、コロナ対策事業として再構築に挑戦します。
建設業 通常枠 建設工事期間の短縮に貢献!人材不足の建設足場工事業への新規参入 自社により、足場材を所有し、当社が今まで行ってこなかった仮設足場工事業に参入する。次世代足場という最新型の足場や、設計ソリューションシステム等の導入により差別化を行い、人手不足の建設業界へのイノベーションを起こす。
建設業 緊急事態宣言特別枠 外構工事への新規参入による元請受注拡大と若手建設職人の育成 コロナ禍での受注減少とその後の景気悪化による建設需要減少を乗り切るため、外構工事分野への新規参入を図るとともに、元請受注の強化、若手建設人材の採用・育成・定着を図り、自社及び業界全体の未来を切り拓く。
建設業 通常枠 デジタル技術を活用した事業展開を行う先進的な建設会社を目指して 建設業の人材不足の解消や業界の更なる発展に貢献するため、デジタル技術を活用して質の高い職人を育成し、育成した職人の開業支援を行う新たな事業を展開します。
建設業 通常枠 関宿の雇用を生み出す建設業と農業のコラボレーション 当社は内装工事業です。今後、代表が実家である農業の事業承継を控えています。内装工事と農業の双方の経営で、雇用を生み出し地元関宿の活性化へつなげるため、カフェ、小売店へ進出します。
建設業 通常枠 中小建設企業の事務効率を圧倒的に改善する業務効率化システム 感染症拡大による建設業界全体の工事の延期・中止による減収があり、新たな収益の柱が必要である。職人の手配、業務時間確認、資材の発注納品管理等の事務業務を大幅に削減するSaaS型業務効率化システムを開発する。
建設業 通常枠 新たな地域需要に対応可能な2アーク溶接ロボットシステム導入による高生産性建設事業への業態転換 秋田県に生産拠点設置、及び国土交通省大臣認定 Hグレード取得を機に、耐震性能の高い高層ビル建設を始めとする高度技術建設事業への業態転換を図り、「コンパクト+ネットワークシティ化」提言事業を含めた新たな地域需要の創出に対応することで、地方とりわけ東北経済全体への貢献を目指す。
建設業 通常枠 建設業向け工事管理アプリケーションSaaSビジネスの構築 ①建設業に特化したアプリケーション(見積作成・受発注・入金・支払管理・工程表・調達・購買・経営・勤怠管理・報告書作成を一気通貫で行うことができる統合システム)を自社で開発

②当該アプリケーションをサブスクリプションで建設業者(設備工事業というニッチマーケットをターゲット)に提供

③バックエンドで,認証基盤・データ管理・データ分析・ディベロッパーツールなどの各種インフラ基盤を構築

建設業 通常枠 地元建設業の物流効率化と生産性向上を目指す新分野展開 インフラ整備や都市開発により建築市場が拡大する一方、高齢化によるドライバー不足や、中型トラックの手配が課題。当社が物流センターを構築し、中型トラックとドライバーを確保することで、地元建築業の物流効率化、生産性向上を実現する。
建設業 通常枠 買付から加工販売までを一貫して行う建設廃材循環ビジネスの展開 型枠建設業者である当社が、新たに廃棄する建材(桟木)を再生品として再利用させる循環ビジネスにチャレンジする。本事業は当社経営資源の再投資として、フィンガージョイント機器等を導入し木材の端部をジグザグに切削・接着加工、販売を近隣協働パートナーと協働で行う取り組みである。
建設業 通常枠 建設⽤3Dプリンタ機器による3Dプリントハウスの製造販売 従来型の建築⽅法から新たに⾰新的かつ⾼度な科学・エンジニアリング技術の建設⽤3Dプリンタ機器を導⼊し、SDGsを宣⾔し、持続可能な社会を⽬指し、⽣産性を⾼め、効率的かつ⼿頃な価格の『3Dプリントハウス』を提供し、オンラインサービスで販売する。
建設業 通常枠 浄水場・貯水槽分野進出のための新工場建建設計画 コロナ感染症により下水プラント領域でもプロジェクト延期・中止が相次ぎ、当社は大きな影響を受けた。今後、事業安定化のため、浄水・貯水分野への対応力を得るため、新工場を建設し、配管・架台の内製化を実現する。
建設業 通常枠 コワーキングスペース開設で地域交流の活性化・建設事業の相乗効果計画 建築リフォームのノウハウを活かし、コワーキングスペースを開設することでコロナ禍のテレワーク需要に対応する。また地域の方の交流の場となることで、既存顧客との継続した繋がり・新たな繋がりが生まれ、建築リフォームの受注機会も増やす事ができる。
建設業 通常枠 木製グッズ販売・展示のための工場・ショールーム建設事業 コロナの影響とウッドショックにより危機的状況である。建築業から木製グッズの製造・販売業へ事業再構築を行い、新たな客層の獲得、端材の再利用、自社社員の大工であるリソースを活かした事業拡大を図る。
建設業 通常枠 新時代の建設プロジェクトマネジメントシステム販売事業への進出 当社は新潟県の建設業者である。当社が保有する建設現場のプロジェクトマネジメントのノウハウを生かし、マイクロソフト社と共同開発した、MR(Mixed Reality)を用いた新時代の建設プロジェクトマネジメントシステムの開発・販売を行う。
建設業 通常枠 三次元データを中心とした建設プロセスIT化による新たな土木建設サプライチェーンの構築 鉄筋工事業・型枠大工工事を新たに担うことで地域における人員不足問題を解決し、現状人員を維持したまま建設プロセスのIT化による迅速・安全な災害復旧工事を地域サプライチェーン一体となり提供することでコロナ禍での当社安定受注を確保しながら、アフターコロナに向けた体制整備を図る。
建設業 通常枠 空き家を長期滞在建設労働者向け宿泊施設へ転換する 慢性的な人手不足という建設業の構造的な問題を抱えて先行きが見えない中で、コロナ禍により売上が半減。息子に事業承継ができる持続可能な経営を実現するために、県外から働きに来る長期滞在建設労働者をメインターゲットに、空き家を改装した一軒家を宿泊施設として提供する事業を開始する。
建設業 緊急事態宣言特別枠 伝統的な建設業にシェアリング資材置き場を通じたデジタル化推進 デジタル化が進んでいない伝統的な建設業にインターネットを活用した「シェアリング資材置き場」を持ち込み、産業構造を変え、世の中に大きなインパクトを与え、担い手の集まる産業に転換する。
建設業 通常枠 木の体験複合施設の建設により、木の体験の場から地域のものづくり活動の支援を行う 受身の受注体質からの脱却を図るため、自社の木材とノウハウを活用し、DIY・木工支援を主軸とした「木育をテーマとする木の体験複合施設 ミマキウッドラボ」を建設。地域のものづくり活動を支援して木材需要を増やし、木育を通じて地域社会の発展に貢献する。
建設業 緊急事態宣言特別枠 コロナ禍のニーズに対応したモデルハウス建設による新営業戦略 コロナ禍のニーズに対応した国の政策である省エネ住宅を促進させるモデルハウスを建設し、住宅業界の営業へのデジタル化、ソーシャルディスタンスに対応した営業戦略の拠点とし、安定した営業を行う。
建設業 通常枠 複合施設建設によるまち全体の価値向上を目指す地域リノベーション事業 新型コロナ、ウッドショックの影響で業績が低迷する中、新たに建設する複合施設を中心にリフォーム、家具・建材販売、イベント運営の3事業を柱とする地域リノベーション事業を展開し、地域で必要とされる企業として永続的発展を目指す。
建設業 通常枠 老舗建設会社の知名度、巨大な倉庫、好立地、地元の繋がりを活かし、カフェレストランの開業 コロナ後の事業の再構築を図るため、当社の強みである好立地、広大な敷地及び建物、地域との強い繋がりを活かし、既存倉庫を改装して、観光客及び地元住民を対象に、郡上市の特産品を主にしたカフェレストランを新規開業するとともに地域活性化を目指す。
建設業 通常枠 リテラ工法による建設発生土のリサイクル推進事業 新たなニーズとして環境問題対策(循環型社会の構築)を目的としての建設発生土に対するリサイクル需要に着目した。そこで、自走式土質改良機を用いたリテラ工法を確立することで、これら需要に対応する事業再構築を図るものである。
建設業 緊急事態宣言特別枠 「少数精鋭集団の育成と建設DX化で目指す!!」電気工事施工管理業への挑戦 コロナ禍の影響で住宅リフォーム工事の受注高が減少している。また、既存事業は元請企業の受注状況に左右され、先行きが不透明かつ工期調整等のリードタイム管理が難しい。将来有資格者が不足する電気工事業に進出し、元請として施工管理と現場施工の一括受注体制を構築する。
建設業 緊急事態宣言特別枠 誰でも簡単に建設業の事務経理書類を作成できるアプリ 新たに制作するシステムは、過去に制作した実績がないので製品等の新規性要件を満たしています。

事務経理書類をオンラインで作成することにより書類作成にかかる時間が減り、相乗効果により、建設業の売上は上がると考えられることから市場の新規性要件を満たしています。

3年間の事業計画期間終了時点において、オンラインサービスの売上高が総売上高の10%以上となる計画を策定していることで要件を満たしています。

建設業 通常枠 プラント建設業から電子回路シーケンサ設計製造業への新分野展開 当社は、大手化学メーカー等に対して各種自動機や洗浄装置、プラント等設備の据付から保守までを行う設備建設業である。コロナ禍の影響により主要顧客である化学メーカーや自動車製造分野などの工場での生産調整などにより受注量が減少している。そこで新分野展開として、新市場である水処理分野に対して、水処理プラントに用いられる水処理膜や平膜向けの電気設計から電気制御盤の設計、製作、据付までを新製品分野として展開する
建設業 通常枠 産業廃棄物の中間処理場建設に伴う地球環境保全貢献プロジェクト 建築現場で発生する産業廃棄物を中間処理場にて再資源可能な物を選別し、限りある資源の有効活用を促進することにより、環境保護、CO2削減といった地球環境保全への貢献を行っていく。不法投棄等の廃棄物の不適正処理防止のモデルとなっていく。
建設業 通常枠 建設業に必要不可欠な足場の組立・解体サービス 建設業において必要不可欠である足場の組立・解体サービスを、大規模修繕工事や戸建建物の修繕工事をメインターゲットとして行います。
建設業 通常枠 橋梁付属物建設技術パッケージ化によるカスタムメイド型製品販売 橋や高速道路という橋梁付属物を設計・製作・施工と一括請負してきた技術力を製品化し、同業他社も効率良く施工可能にすることにより、橋梁老朽化需要増や人手不足の業界ニーズに応え、当社売上・利益の増加を図る。
建設業 通常枠 建設ICT化を図り少人数で舗装施工を可能に!ウィズコロナ時代に対応 当社は建設ICTを活用し、土木工事業者から舗装工事業者の中の路盤・路床工に特化する。工期短縮化や品質の平準化のメリットを地域の舗装工事業界に浸透させることで、土木建設業界の共通課題である労働力不足の解消に貢献する。
建設業 通常枠 災害時対応型オートキャンプ場の建設と運営による自立型経営の確立 災害発生時のインフラ損傷時にも対応可能な「災害時対応型オートキャンプ場を建設・運営することにより地域に貢献し、企業体質を「受身・依存型」から「自立型」へと再構築する。
建設業 通常枠 「空き家再生」総合施設建設によるオフィス市場への参入計画 空き家再生における強みを活かし、オフィス市場への参入を行います。

リノベーション施工を御覧いただけるショールームとコワーキングオフィスを設置した「空き家再生」総合施設を建設し、新市場開拓を行います。

建設業 通常枠 中小建設関連業向けの安価で便利なスモール建機レンタル事業 愛知県西部の建設関連事業者に向けて、自社の余剰設備や建築用車両などを「安価・シンプル・掛け売り可能」でレンタルする事業。事業として収益化しながら当社の知名度も向上させ、既存事業にも顧客還流のシナジー効果を狙う。
建設業 通常枠 建設業が行う地域に根差したリハビリ特化型自立支援型介護事業 現在の建設業から異なる業種である自立支援型の介護施設を立ち上げます。当社の強みやすでに引き合いのある居宅支援事業所からの紹介により高齢者層の集客を図り、新たな収益の柱を得ます。
建設業 緊急事態宣言特別枠 建設会社の新分野展開!安心求め、健康志向が集まる惣菜店事業 地域野菜をベースに安心・安全・健康に重きを置いた惣菜メニューの提供を行うとともに地域で生産された野菜の販売を行い、事業の多角化による新たな商圏での売上確保、与謝野町の基幹産業である農業の発信を行う。
建設業 通常枠 建設業者の事業多角化。電動バイクの販売及びレンタル事業への展開 コロナによる売り上げ低迷の打開策として、電動バイクの販売及びレンタルを行います。温暖化ガスの排出量0で、今後市場拡大が見込める分野に進出します。
建設業 緊急事態宣言特別枠 建設業向け事務効率化システムおよび代金早期回収サービスの提供 建設業の一人親方を対象とした見積・請求等の事務作業クラウドサービスの提供による付帯業務の効率化とファクタリングサービス・エスクローサービス提供による運転資金の安定化を図るサービスの提供。
建設業 通常枠 ICT技術・AI技術を活用した建設現場のノンコア業務の効率化支援事業 建設業界の現場監督の業務負荷問題を解決するために、ICT技術・AI技術・RPA技術を活用した現場監督の検査・書類作成などのノンコア業務の効率化支援事業とシステムを活用した業務改善のコンサル事業を新たに展開する。
建設業 通常枠 河内長野市初の産業廃棄物中間処理施設建設による新事業への進出と事業再構築の取組み コロナの影響により産業廃棄物中間処理の外注先確保が不安定化している。そこで当事業では、当社自らが中間処理事業に進出し、新事業の立ち上げと既存事業の立て直しを含む事業再構築に取組む。事業実施により、産業廃棄物処理にワンストップで対応する新サービスを創出すると共に、災害発生時の対応力向上等の公共性の高い成果を実現する。また新たな雇用の創出にも取組み、地域経済に貢献していく。
建設業 通常枠 建設業界から環境測定事業『アスベスト検査事業』への新規参入 これまでの豊富な施工実績による技術の蓄積やノウハウを活かしアスベスト調査及び分析調査を行ない検査から工事まで一気通貫で施していく。先5年のビジョンではアスベスト検査業務を近畿圏から関東圏、全国へと展開していく計画である。現在一般社団法人日本環境測定分析協会に登録されている業者は大阪18社と少なく、且つ総合建設業を兼業している調査会社は見当たらず弊社が初の事業者となるため価格優位性が強みである。
建設業 通常枠 近畿圏建設需要に応える鋼製型枠製造事業への業種転換 当社事業は建設業における型枠大工工事です。現在はメーカーから特殊工法に対応した型枠パネルを調達し、施工していますが、今後は特殊パネルを自社生産する「金属製品製造業」に業種転換します。
建設業 通常枠 生活介護・短期入所施設の「設計建設と運営」を通じた地域障害福祉への貢献 建設業の当社であるからこそ可能な「コストを抑えた生活介護と短期入所の併設施設」を開設し、利用者だけでなく従事するスタッフの満足度が高い障害者福祉サービス事業を立ち上げる。

また、障害者が快適な生活を送るにあたり抱える居住性の問題は、建設業と密接に関係しており、既存事業とのシナジーを生み出す。

建設業 通常枠 残土処分場の開発運営と埋め立て後の工業団地建設 公共工事及び民間工事はコロナでストップし、一時売上は半減した。地域事業者と連携し、全く新しい残土処分場の開発運営を提案することで地域社会に貢献し、地域で生き残りを図る。
建設業 通常枠 汚泥処理プラントを用いて建設汚泥をリサイクルする事業再構築計画 弊社は、工事現場で掘削するため、建設汚泥が排出される。産業廃棄物に分類される建設汚泥を処理会社に運搬していたが、汚泥処理プラントを導入し、弊社が建設汚泥を建設資材にリサイクルする。産業廃棄物の量を減少することに取り組む新たな建設メーカーに展開していく。
建設業 通常枠 建設業者がプロデュースするグランピング施設の経営とテント販売事業 コロナにより売上が減少した建設業を縮小し、新たにグランピング施設の運営とオリジナルテントの販売を行う。テント設置工事の経験を活かし、丈夫で安価なテントを開発し、近年注目されるグランピング市場に進出して売上拡大を図る。
建設業 緊急事態宣言特別枠 建設業者専門の映像制作事業と建設業者をつなぐマッチングアプリの提供事業 建設業界での人脈と自社の映像制作スキルを活かし、建設業者専門の映像制作サービスの提供を行う。建設業者同士のマッチングアプリ『つなぐ』を構築し、仲介業者を介さずに建設業者同士の受発注を叶える場を提供する事で建設業界の多重下請け問題の解消を図る。
建設業 緊急事態宣言特別枠 和の建設職人の匠の技から生み出す新しいコンセプトの家具づくりと全国展開 建設業者として培った自社職人の建材加工技術と、地域の建材職人がもつ畳・瓦・鉄工などの和の資材と技術を用いた革新的なインテリア用品の企画・デザイン・製造・自社ECを通した販売・ブランディング事業を行う
建設業 通常枠 建設現場の事故ゼロを目指す~職人の命を守る次世代足場事業~ くさび緊結式足場で民間での足場工事を行ってきたが、コロナによる先延ばし・中止の影響で売上が大きく落ち込んだ。そこで、需要が安定しており、さらに弊社の技術力を存分に生かせる公共工事分野に参入するため、要求される安全性を満たす次世代足場を導入し、売上増と事故ゼロを目指す。
建設業 通常枠 デザインファームの建設による設計施工一貫方式へのビジネスモデルの転換 総合建設業である当社は、これまで設計業務を実施しておらず、戸建て住宅事業においてもそのすべてを外注に依存している。近年「デザインビルド方式」採用の検討の動きによって設計業務の重要性が高まる中、当社としても新たに設計業務へ取り組み、設計施工一貫方式への転換を図る。
建設業 通常枠 「建設発生土の受入事業」への進出 新たに「建設発生土の受入事業」に進出します。受入れ場所は旭川下流部に近接した谷部に位置した地点であり、住民生活に及ぼす影響も軽微となっています。本事業では、岡山県内で発生する建設発生土の搬入を目的としています。
建設業 通常枠 ドローンを利用し、建設・災害現場などで測量・点検等を行う。 既存事業では、当社の事業規模が漸減している。そこで、ドローンを利用する事業に挑戦する。これは、作業現場での人為削減・危険個所での人的作業の回避等、人材不足と働き方改革に利するサービスの提供であり、需要が大きいと考える。
建設業 通常枠 建設会社による新生活様式にマッチした「非対面式デザイナーズホテル」の開業 建設会社のノウハウを活かし、「非対面式」「デザイナーズ」「映える」「広い」「リーズナブル」をキーワードとした「先進的」かつ「ハイセンス」なホテルを開業し、地元観光業と地域経済の発展に貢献する。
建設業 通常枠 建設資材の安定価格・安定供給による地域内建設業者及び自社の生産性向上の為の卸売業 当社の強みを活かして、建設資材の価格変動による利益率低下を最小限に止めることに加え、建設資材の安定供給を図ることで、地域内建設業者及び自社の生産性向上を目的として建設資材卸売業を開始する。
建設業 通常枠 建設会社の強みを生かす!グランピング施設運営事業に挑戦! 総合建設業者が、既存の建築・設計ノウハウを活かして新たにグランピング施設(ホテル、キャンプ、ウェディング等)の運営に着手するために改修工事及び設備導入を行う新分野展開による再構築の事業計画
建設業 通常枠 しまなみ産有機オリーブによる加工・商品販売、飲食施設建設・運営事業 しまなみ産有機オリーブの実を採取、オリーブオイルを製造、オリーブ関連商品を販売・飲食する店舗を建設し運営する。安心・安全を主眼にSDGsに対応しながら、新たな雇用・顧客を増やし、健康で美味しいを提供する。
建設業 通常枠 建設発生土のリサイクル事業開始で循環型建設業への転換 相次ぐ災害の復旧工事等で発生した建設発生土の受け入れ先不足という地域の課題を解決するため、建設発生土の受け入れと改良土の精製、販売を行う新規事業を新たに立ち上げる。自社内部での利用を皮切りに地域同業者の建設発生土の受け入れも開始し、循環型建設業への転換を目指す。
建設業 緊急事態宣言特別枠 型枠施工の知識・経験・技術とネットワークを活用した建設資材運送事業 慢性化したコロナ禍における窮状を脱するとともに、近年の職人不足や機械化の流れによる受注機会の減少を克服するため、型枠施工の知識・経験・技術とネットワークを活用した建設資材運送事業を実施する。
建設業 通常枠 建設塗装から金属製品塗装への業態転換 新型コロナウイルスによる外出自粛の影響を受け、商談・打合せがなくなり、売上が減少した。
悪化した業績を回復させるため、これまでの建設塗装よりも、収益性が高く、生産性の高い金属製品塗装に業態転換する。
建設業 通常枠 新たな売上の確保による島の発展及び建設資材再利用に貢献 インフラ整備などの建設業者が新たに解体事業を行う。将来的にはグループ子会社であるリサイクル施設とのデータ連携を通してDX活用など新たな建設リサイクルの形を整え、地域雇用の促進、資源の再利用など地域へ貢献を行う。
建設業 通常枠 地場の建設企業による米軍基地艦船の含油廃水処理への思い切った新分野展開 新型コロナウイルスの影響にて既存事業のである佐世保市の公共工事の案件が少なくなり、売上が大きく減少した。当社の強みを活かし、米軍佐世保基地における含油廃水処理事業へ参入し、地域貢献を行う。
建設業 通常枠 建設業の木材加工技術の強みを生かした木製家具事業への展開 当社は創業約50年の木材建築専門の建設業である。コロナ禍で旅館等の建築・リフォームが受注減となっている中で、新たに当社の木材加工技術の強みを生かした木製家具製造販売事業を展開する。
建設業 緊急事態宣言特別枠 「BIM/CIM(建設業界の先端デジタル技術)の導入支援事業」への挑戦 設業界において、「BIM/CIM」を活用した施工は今後成長が見込まれる最先端分野であるが、高度なITスキルが求められるため、導入支援のニーズは強い。そこで、当社が先駆けて機器等を導入して実践し、導入支援をサポートする事業を新たに手がけることで事業再構築を図る。
建設業 通常枠 自社制作所兼倉庫建設によるオーダーメイド工作車作製での新分野展開 新型コロナウィルスの影響を鑑み製造業へと新分野展開を企図している。そのために、弊社敷地内に倉庫兼製作所を建設、製造にかかわる各種設備の導入を行う。
建設業 通常枠 建設業から障碍者福祉事業への転換でV字回復を目指す コロナ禍で建設需要回復の見通しが立たないなか、代表者個人の介護事業マネジメントノウハウや福祉業界との人的ネットワーク等を活用し、需要が増加している放課後等デイサービスへの参入により事業再構築を図る。
建設業 緊急事態宣言特別枠 建設現場の問題を解決するトラックスケール、業務管理アプリの開発 沖縄県で活動する鉄筋工事業者です。業界への不安、コロナによる業績悪化があり、成長の見込める新たな市場へ挑戦したいと考え、建設現場で使用するトラックスケール(車両重量計)の管理共有アプリを開発、販売を行います。

関連記事

  1. 第1回公募「緊急事態宣言特別枠」採択結果を公表しました。

  2. 2次採択事例:不動産業 物品賃貸業の事業 事業再構築補助金 申請代行

  3. 事業再構築補助金代行コンサルティングサービスの秘密|M41相談無料

  4. 第3回公募からの主な変更点

  5. よくある申請時の不備の資料

  6. 第1回公募「通常枠・卒業枠・グローバルV字回復枠」採択結果を公表しまし…