採択事例:飲食業テイクアウト 事業再構築補助金申請支援代行サービス

主たる事業(大分類) 事業類型(枠) 事業計画名 事業計画
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 「おにぎりとジンギスカンのDo~」三毛作による出店計画 現在すすきの地区で営業している焼鳥店を5月末で閉店し、札幌市内の商店街で昼間はテイクアウトのおにぎり屋、夜間はジンギスカン店を営むお店を新たに開店します。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 『おうちでレストラン』をテーマにした商品製造とテイクアウト販売コーナーの開始 ・中食、内食向けの食肉加工設備・保管梱包設備の導入と、冷凍販売に対応した新商品の開発および、新商品販売のためのテイクアウトコーナーの増築(併せて現在の飲食コーナーの一部撤去)
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 韓国チキン テイクアウト・デリバリー専門店 韓国チキンのテイクアウト・デリバリー専門店。札幌郊外に店舗を構え老若男女問わず、幅広い客層をターゲットにした韓国チキンの専門店。コロナ感染拡大を防ぐためイートインではなく、テイクアウト・デリバリー専門の店舗にし、マイカー利用が多い地域性に合わせマイカー購入もできるテイクアウト専門店、コロナ感染予防で外出を控えてる方も購入できるようデリバリーサービスを活用しデリバリー専門店にする。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 テイクアウト専門店と既存店舗有効活用の再構築事業 『フルーツサンド専門店』のテイクアウト事業及び、北海道産ピザのブランド確立を目指した再構築事業。多様化する食のあり方への取り組みと、北海道の食のリーディングカンパニーを目指す。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 ソフトクリーム事業参入による新規顧客獲得と、テイクアウト需要の拡大 既存店が奥まっており気づきにくい為、道路に面したところに作ることから宣伝効果が高く新規顧客獲得に繋げる  慶事の商品に注力していたため、一般販売の商品が少ないので、第二の主力商品にする  ソフトクリームを目的に来店したお客様が、既存店の商品の追加購入に繋げ、テイクアウト需要の拡大  イートインの際の滞在時間の短縮で、回転率が上がることで売上増加に繋がる
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 非対面式の注文システム等を活用したテイクアウト販売事業 店舗専用アプリを製作し、集客のみならず非対面式の注文システム等を利用してテイクアウト販売事業を行う。現状の店舗をオープンスペースに改装し、人と人の距離を保ち、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止にも最大限努力する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 真心こもった本格的なフレンチをリーズナブルな価格でたくさんの人々に! 既存事業は夜の店内飲食のみでしたが、店舗の内装工事や設備を導入し補助事業でテイクアウト・デリバリー用のスペースを設けます。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 外食から中食へ「家庭にハッピーを」テイクアウト専門店プロジェクト 需要が高まる「中食市場」への参入。中華饅頭や小籠包・餃子といった中華料理のテイクアウト専門店とからあげ専門店の二毛作で、地域の方に愛されるお店を目指していく。既存事業のような店内飲食中心の店舗で行わず完全にテイクアウト専門店として新たな市場への挑戦である。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 都市再開発と新たな生活スタイルを支えるテイクアウトビジネス創出 居酒屋・ランチの人気店として培ってきた経験や立地環境を活かして、札幌市内で進む都市再開発の工事作業員やコロナ禍の新たな生活スタイルで働く単身者を主なターゲットとしたテイクアウトビジネスを創出する。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 伝統の和 うなぎ どこでも手軽に食べられてみんなハッピー 店内飲食によるサービスにこだわっていたが、今後は業態転換し、テイクアウトやデリバリー専門店の経営にも挑戦。鰻という他社との差別化を図り、自社の強みを最大限に生かし再構築をします。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 お店の味を家庭でも!こだわりの北海道和牛料理テイクアウト事業 いままでのノウハウを生かした北海道産和牛にこだわった弁当、惣菜のテイクアウト販売で、コロナ過に対応した飲食店の新しい運営形態に挑戦する。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 ドライブスルーを用いた郊外型非対面テイクアウト販売と非接触型店舗構築 感染症対策を施した店舗を建築し、テイクアウト客、来店客を分け、さらにはテイクアウト注文のWEB化、ドライブスルー設備導入を行う。店内においては最適な座席数へ変更し、注文、会計を券売機での対応へと変更する。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 定山渓エリアの自然を活かしたアドベンチャーツーリズム拠点の整備 宿泊者減少を補うため、人気が高まってきているアドベンチャーツーリズムの拠点を整備し、体験メニューの開発、アウトドア用品の販売やレンタル、テイクアウトショップやマルシェなどの新規事業分野にチャレンジする。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 ラーメン専門飲食店から「キッチントレーラー」事業への転換 既存のラーメン事業を継続しつつ、新たに「キッチントレーラーでのテイクアウト専門事業」を展開すること。既存のメニューから進化させたオリジナルの新たな美味しい一品を商品化し、非接触型でテイクアウト専門販売することを計画しています。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 タピオカのテイクアウト販売の実施 新しい女性顧客層の獲得及び既存サービスのシナジーによる認知向上、売り上げの多角化を図ることを目的にカフェを併設する。併設したカフェではタピオカミルクティーを中心とした飲み物の店舗での提供及びテイクアウトの販売実施を行う。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 挙式場をカフェに改装してテイクアウト商品も拡販する チャペル挙式場をドライブイン形式テイクアウトも可能なカフェに改装し、隣接レストランと合体させる。窓はプロジェクションマッピングも可能に改修し新たなサービスを提供。また、地産食材使用料理の冷凍パック宅配サービスも開始。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 ローカルエリアへのお弁当及びテイクアウトの配達事業 コロナ感染症により人が集えなくなり、経営が困難になったが、  今までの仕事を生かし、お弁当、テイクアウトに変えて配達・提供することにより、  仕事の継続と共に新たな利益を生み出すことが出来、地域貢献にも繋がると思う。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 ITを活用したテイクアウト等事業と出張料理事業による事業転換 コロナ禍による窮境から脱却すべく、既存の飲食事業のみならず、パンやスイーツを含めたテイクアウト・デリバリーサービスの展開や、主に高齢者層向けの出張料理サービスの開始により新たな需要を開拓していくもの。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 大型飲食店業態から高級食パン専門店を主軸としたテイクアウト・デリバリー・通販事業への業態転換 今後団体客の来店が見込めない大型飲食店業態から撤退し、新たにテイクアウト・デリバリー・通販型の高級食パン専門店を立ち上げ、3年間の事業計画終了後、総売上高の10%以上を占める事業へと業態転換します。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 福島市初餃子テイクアウト専門店「餃子ラボ らくや」開店 現在、福島市にて居酒屋を経営しておりますが、コロナ過でもお客様に安心安全にご利用いただけるよう、人気メニューである餃子を活かし、新たにテイクアウト用の餃子を開発し、餃子テイクアウト専門店を開店いたします。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 和惣菜・パンdeたすいち 繁華街でサラリーマンターゲットに居酒屋をしていましたが、コロナ禍で売り上げさがり、赤字経営が続いています。ファミリー層が来やすい住宅地近くで新事業のテイクアウト店を作り、新しい生活様式に対応した飲食店のあり方を示す。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 飲食店から、小売、宅配・テイクアウト、食品製造の多業態型への事業再構築実施 飲食店の依存度を下げて、様々な方法で当社の鮨を提供できる多業態型へと事業再構築するために以下の3事業を実施する。  1.富山駅ビル内に棒鮨を販売する小売店舗をオープンする  2.富山駅前の「お座敷とやま鮨」を閉店し、跡地に宅配・テイクアウト専門店をオープンする  3.本社が入居するビルのワンフロアを借り、調理の一次加工を行うセントラルキッチン(食品製造工場)を開設する
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 こだわり調理×楽しくテイクアウトを軸とした自慢のスイーツで新分野展開 新型コロナの影響でカフェの経営が厳しい中で、「お店の味をテイクアウトしたい」といったニーズの高まりに着目し、新たな事業形態として、当店の自慢のスイーツを中心とした菓子等の製造・販売を行い、新分野展開を図る。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 セントラルキッチンによるテイクアウトの拡充と販路拡大 テイクアウト調理をメインにしたセントラルキッチンを新設し、総菜・弁当の種類を増やしつつ生産効率を上げ量産化する。また新たにお家土産用スイーツを開発し、カフェからテイクアウト事業へ事業再構築を図る。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 脱宴会 自社の条件特色を活かした効率の良い持続可能な飲食業の形成 コロナによる大人数の会食が全滅になり、この一年、テイクアウト、インターネット販売、ちょい飲みなどを始めましたが、コロナが長期化するなか、この先自社の営業スタイルを条件を活かした変換による経営の安定化を図る。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 高齢者から若年層への顧客移行と観光客を取り入れたテイクアウト事業への参入 現状のカラオケを中心とした営業形態では、新型コロナにより大打撃を受け存続の危機に陥っているため、テイクアウトへの事業転換で再構築を図り、客層を一転し地産地消で地元地域の発展に貢献していく。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 絆とワクワクを創造する新しい食の楽しみ方の提供 テイクアウト・デリバリー・EC販売のための新メニュー開発と記念日動画制作サービスを構築し、デジタル技術の活用による顧客満足度の向上を図り、「元気と健康の源」となる新しい食の楽しみ方の提供をします。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 キッチンカーによる移動型販売及び店舗でのテイクアウト 現在、愛知県江南市において飲食業(イタリアンダイニング)を行っていますが、新型コロナウイルス感染症に伴う時短営業や外出自粛により来店数が減り、売上が激減している。既存事業では来店を待ち、店内飲食のみの営業となっているため、テイクアウトができる設備の拡充と駅前などでのキッチンカーによる販売を行う。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 ハイブリッド屋台(ホットドッグ&ハンドメイドSHOP) 現飲食店舗前でランチタイムにテイクアウト用ホットドッグを販売し、土曜日は手作りハンドメイド商品も併せて販売する。ハンドメイド商品については、インターネット販売(通信販売)も実施する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 セルフメディケア時代における「地域の”食”と”健康”推進ステーション」事業 これまで培った食を軸に、食×健康サービス業へ市場を拡大する。地域の食と健康推進ステーションとして安心・健康食のテイクアウト事業と健康・運動サポートの接骨院事業を展開し地域の健康作りに貢献する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 3Ⅾフリーザー加工によるアップルパイ&ロティサリーチキン販売 駅前立地にて居酒屋業態をドミナント出店しており、緊急事態宣言の発出や時短営業の要請によりダメージを受けています。ターゲットを変え、郊外立地にて3Ⅾフリーザーを活用したテイクアウト専門店を出店します。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 テイクアウト専門店の衛生環境整備におけるロールモデル事業 「テイクアウト専門店」にて長期保存が可能なテイクアウト商品を提供し、また、テイクアウト商品が衛生面において安心・安全であるというイメージを全国へアピールします。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 焼肉店から中華料理店への新分野展開における事業計画 中華食堂への新分野展開、テイクアウト、外販を充実させ、外でも、自宅でも本格中華が安心して食べることが出来る店づくりを行う。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 新たな魚食スタイルの発展 魚丼刈谷店「T-Rex飲食事業」 コロナ渦の影響によりイートイン専門店では売上確保が厳しく、従業員の雇用が守れないため、テイクアウト事業(新たな魚食スタイルの発展のため)に事業転換し、地元三河湾の鮮魚を活用した食材を提供し、地域活性化に貢献及び売上V字回復等を目指していきます。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 新規に冷凍餃子の販売ツールを構築し地域のウィズコロナ時代に貢献する 当店では従来から餃子の人気が高く、コロナ禍中テイクアウトの焼餃子が売上に貢献している。他方、顧客からはすぐ食べられるもののほか、保存の効く冷凍餃子の販売を求める声が多くある。これらの声と社会動向に貢献すべく冷凍餃子を利用した事業再構築を目指す。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 新型コロナを克服するテイクアウトラーメン店による事業転換 新型コロナ流行により、現在のラーメンFCの事業が客数の減少、営業時間の短縮により売り上げが減少している。当社は深刻な経営危機を迎えている。危機を克服し、成長していくために事業転換としてテイクアウトラーメン店を開業する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 新規メニューの開発とテイクアウトの導入による事業再構築計画 制約の多い集合店舗から駅前の新店舗に移転し、駅周辺の高層マンション群に住む共働き世帯やファミリー層をターゲットに、高い調理技術を活かした新商品でテイクアウト事業を展開し、業績のV字回復と持続的成長を目指す。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 飲食店の出店リスクを低下させる、移動可能な専門店出店事業 かき氷専門店である当店は季節・時間帯で需要が偏っており密が生じる。あらたにテイクアウトも行うスペースを新設して密を避けるとともに、ランチやテイクアウトのあらたな需要を開拓する。新店舗は移動可能な形態とし、出店リスクの低いモデルを構築する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 スペースシェアサービス、テイクアウト事業参入と、AIカメラによる生産性向上 新型コロナウィルスの影響を受け、飲食・宿泊売り上げが激減したため、半屋外型スペースシェアサービス、テイクアウト専用窓口を開設することにより売り上げ回復を目指すのと同時に、AIカメラを導入することで生産性の向上を目指す。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 地元産の安心食材にて健康志向の弁当を提供し、日本の食を支えます 生産者の顔が見える事による地元の安心食材を積極的に採用した、食べる事で健康になる事が目的の自分好みに取り分ける事が出来るお弁当を地域住民、近隣工場への派遣労働者、一般消費者にテイクアウト、宅配する事業。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 テイクアウト事業とコワーキングスペース設置による集約営業 飲食店のコロナ感染対策としてテイクアウト事業へ進出し、さらに創業者支援としてコワーキングスペースを提供します。当社は、店舗の空き時間を有効活用することができ、創業者がコストを下げて事業に取り組むことができるよう、支援することができる。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 お家のなかにも安い!旨い!楽!という名のハピネスを。 コロナ渦において店内営業でしか売上を作れていないという課題、現状であります。解決策としてテイクアウト・デリバリー専門店の開業を考えております。地域に新たなハピネスをお届けできると考えております。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 テイクアウト・デリバリーで和洋折衷の創作スパイスカレーを提供 和食店で修業した経験を活かし、常に食材を一番おいしい状態で和洋折衷の創作スパイスカレーを提供し、ダイニングバーとテイクアウトと二刀流で営業していくことでダイニングバー、テイクアウト共に新規の顧客を開拓する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 テイクアウトスウィーツ需要取込のための事業構築 新たな生活様式として、需要が急速に高まるテイクアウトやデリバリー等の中食・内食需要を取込む為、豆腐製造の技術を生かした、本格的豆腐スウィーツを開発及び、ECサイト構築、販売設備の拡充により、新規顧客を獲得する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 居酒屋からうなぎ料理店への事業転換 居酒屋からうなぎ料理店への事業転換を行う。  うなぎを調理できるようにするため調理設備の入れ替えや、非対面での対応が可能にするためのシステムの導入。事前注文によるテイクアウトやデリバリーに対応するためECの構築を行う。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 飲食店経営の実績と強みを活かした非対面型テイクアウトとECへの業態転換 実店舗を営む飲食店運営会社が一部店舗を改装して非対面型のテイクアウト・EC販売に比重を移し、3年間の事業計画期間終了後において当該事業の売上構成比が10%を超え会社の主力事業の1つとなる計画である。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 父親を実施主体とした菓子販売店および菓子教室の開業 巣篭もり、テイクアウト需要に対応するための菓子の販売部門を創設。菓子の販売には製菓の製造許可の取得が必要になるため、事業主の自宅一部分を改装し菓子製造許可を取得し、併せて一般消費者向けの菓子教室を始める。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 Withコロナ時代に対応した、テイクアウトメインの店を開業。 コロナ禍による外出自粛で売上が減少。現在営む日本料理店「まるもと」を主軸に、withコロナ時代に対応したテイクアウト事業「食堂まるもと」を新たにオープン。既存事業と掛け合わせ、5年後の売上構成を飲食店事業55%、新事業45%となるように計画する。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 Cafeと物販(焼き菓子)の二刀流で戦うための事業再構築事業 弊社では、菓子製造業の許可がないため、顧客のテイクアウトニーズの変化に対応できていない問題があった。そこで店舗を改修し菓子工房を新設することでパティシエの能力を最大限発揮させ、新サービスの菓子製造販売でコロナに立ち向かい持続的発展に繋げていく
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 デリバリー・非接触型フードコート事業 テイクアウト・自社配送デリバリー専門店と非接触型フードコートによる食の提供
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 町中華の名店と提携し、喫茶店から中華料理店への事業転換計画 観光・買い物・遊び客中心の喫茶店の売上減少と回復の遅さを鑑み中期成長戦略を検討。周辺の飲食店と競合しない町中華に改装し近隣会社員の生活導線に入ることでテイクアウト・ランチ・ディナー需要を獲得する
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 愛知初!高級食パンを生かした「ワイズトースト」による業態転換 現状の課題は、カフェの売上が減少に歯止めをかけ、新たな収益の柱を確立することである。解決策は、withコロナに対応した業態転換に向けて、ノウハウを生かした新商品のテイクアウトを開始し、売上の回復を図る。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 名古屋コーチン老舗の業!コロナ禍で高まるテイクアウト市場参入事業 地域の顧客ニーズを反映して、デリバリー・テイクアウト事業に参入するため、名古屋のターミナル駅構内で、業界初の冷凍自動販売機を導入し、名古屋名物料理を提供する。ウィズコロナ時代に、今までにない新しい販売方法である自動販売機でのテイクアウト、そして、名古屋めしのデリバリー&テイクアウトを強化することで、強い企業体制を構築する計画である。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 対人接触を抑えた「1人様専門焼肉店&テイクアウト」の新規出店 本補助事業では、新規事業である「ひとり焼肉&テイクアウト専門店」の新規出店を行う。コロナの影響により温泉施設内食堂2店舗が閉店(撤退)となり、路面店での新業態での出店である。肉ブームにより焼肉需要が高まる中、「ひとり焼肉&テイクアウト専門店」に対する高いニーズに応える。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 安城初・本格和食商品のドライブスルー型店舗による新たなフードモデルの確立 西三河地域の車社会に適したドライブスルー型店舗を導入し、感染リスクを減らした商品提供・他には無い本格和食商品を提供する。地域の飲食店テイクアウト商品を同時販売する事で、全体の売り上げ向上をはかり、お客様が一箇所で様々な店舗の商品を購入できる便利性と選ぶ楽しみのある新たなアミューズメント感覚のドライブスルーを確立。アフターコロナでの需要も見込む。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 卵牛乳を使わない絶品パンケーキ開発とテイクアウトと通販を実現 店舗の移転及び縮小を行い、テイクアウト・デリバリー・通信販売を実現します。そのための商品開発とパッケージの開発も行い、ネット広告にて新規顧客の獲得を行います。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 新時代に適合した、地域を盛り上げる最新テイクアウト専門店計画 高級焼肉店という位置付けで14年間地域に密着した形でお店を運営してきた経験を活かし、同地域にてテイクアウト専門店を展開する。既存店とは全く反対の客層である若年層や主婦層をターゲットとした、密を避けられ、自然を感じられる場所にて、時代に合った新しい形のテイクアウト専門店をオープンさせ、安定した売上・雇用を生める店舗を持つことを目指す。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 伝統的な味を、時代に合わせて提供し、新しい価値を創る コロナ禍の影響と各世代の飲酒離れにより、夜の時間帯の営業が中心である当社は多大なる影響を受けた。特に顕著な影響を受けている店舗を撤退し、ニーズの高い昼の時間帯のテイクアウト専門店とセルフ式食堂の複合サービスを展開することで、事業の再構築を図る。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 ナポリタン専門店の新展開及びテイクアウト拡充によるコロナ対応力強化 コロナ禍で飲食売上が激減する中、夜・昼営業の売上比率の改善、テイクアウト体制強化、1人客需要強化等の課題の対応としてナポリタン専門店の新展開を行い、コロナに負けない高収益経営への転換を図っていく。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 店舗を移転縮小し、オンライン予約での京風テイクアウト用商品の販売 日本料理を経営していたところ、コロナの影響で売上が低迷した為 店舗を移転し 店内飲食を縮小し、オンライン予約でのテイクアウト用商品の販売を新たに開始。売上が3年後、総売上高の10%以上を占める計画をしている。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 瀬戸内「釜飯10選」特別テイクアウト弁当開発による新分野展開 瀬戸内の豊富な海の幸や旬の素材を使った「ちょっと特別なシチュエーションや会食」をコンセプトにメニュー検討した結果、釜飯を選択、企業の会合等、ちょっとした昼の会食需要に向けて「釜飯10選」弁当を、パッケージにも拘りテイクアウト用に開発、これまで対象としなかった新しい顧客層・シチュエーションでの需要を取り込み、収益安定化を図ります。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 既存事業とのシナジー構築!お城パフェテイクアウト専門店事業 現在の店舗(岡山城天守閣1F:お城茶屋)で提供している人気メニュー「お城パフェ」を、提供方法の変更及び既存設備を撤去・閉店を行い、新店舗にてお城パフェのテイクアウト専門店を出店します。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 既存店にテイクアウト店舗の併設と県内初のe-sports専門施設を開設 当社は同一テナントビルにてバーを2店とラーメン専門店を営んでおり、いずれの店も地域初となる形態の出店で人気を得ていたがコロナ禍で大きな打撃を受けたことから、Withコロナでも利益が見込めるテイクアウトとデリバリーのたこ焼き店と、地域初の本格的e-スポーツ施設を同ビルに出店する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 オフィス街の憩いのカフェテラス 専門料理(イタリアン、韓国料理)からカフェテラス(喫茶店)に事業転換をはかる。商業地でのディナー(宴会やグループ利用)市場から、朝~オフィス街での昼間のカフェやテイクアウトに思い切って転換する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 紋桜餃子 ダイニングバー「ハーベスト」を営業する事業主は新たに餃子専門店を開業する。新店舗は店内飲食の他、テイクアウト・デリバリーに加え生・冷凍餃子の販売、さらにスーパーへの販売ためのセントラルキッチン機能も有する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 蕎麦の自家製麺技術導入によるテイクアウトと蕎麦屋への新規展開 地域観光主力製品の開発、地域食材の活用を考え、現在までのバイキングを廃止し、自家製麺技術を導入した蕎麦製品と地域野菜の天婦羅を中心にテイクアウトとレストラン事業の併用サービスへの新規展開を行います。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 柔軟な発想と堅実な計画と折れない心で事業継続を目指します 非日常的使いのカフェスイーツなどの商品や人が集まるイベントニーズに対応したサービスへの依存から脱却し、日常的に利用・消費でき中食需要に適した商品メニューでテイクアウトにも対応した、新たな店舗と商品で非常事態においても事業継続可能な事業へ転換する
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 キッチンカーを利用した県内都市部の中食需要へ参入 店舗立地と宴会需要頼りであった従来の居酒屋業からの転身。県内では他社の参入がまだあまりないスープカレーをキッチンカーで販売して、県内都市部のテイクアウトランチなどの中食需要を獲得する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 withコロナの時代「山口のぶち美味しい」を届けるための事業転換 飲食店を主として経営してきたが、コロナの影響により店内での飲食が難しく来店客が激減した。そのため、お弁当、仕出しなどテイクアウト、デリバリーを強化し、店内飲食をやめ店内では惣菜、お弁当の販売のみに転換する。予約のシステム化を図り、料理教室、レシピの販売など自動学習システムも新規事業に挑戦する。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 夜の居酒屋から昼間のファミリー向け寿司屋への事業転換 コロナ禍で売上が激減した夜の居酒屋経営から、昼間から集客が見込めテイクアウトも可能な「ファミリー向け寿司屋」をオープンして収益の柱をシフトする。繁華街から離れて郊外へ出店し、同時に地域の活性化にも貢献する。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 設備投資により当社の強みを一段と強化した新分野展開事業 菓子製造室を増設することで保健所の許可を取得、テイクアウト対応を可能としコロナ禍に即した営業体制を確立する。新商品開発を行い、需要が拡大しているスイーツの持ち帰り、ネット通販を開始し新分野展開を図る。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 フランス料理店からテイクアウト型鶏料理専門店への事業転換 新型コロナウイルスの影響による売上減少を克服するため、フランス料理店から強みである食鳥処理技術を最大限に活かした「焼き鳥」をメインにしたテイクアウト型鶏料理専門店を新設することで新たな事業展開を図る。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 キッチンカー事業への新分野展開 現在、うどん店を経営しているが、コロナの影響により売上が減少。その解決策として、キッチンカーによる移動販売を行い、テイクアウト需要の取込みを図り、売上挽回を計画。また、本件主力商品は、当地名物出雲そばとする。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 屋外遊休地を活用したドッグラン併設の屋外スペース及びテイクアウト事業 新型コロナウイルス感染拡大に伴い既存事業が減収。コロナでも需要の「高い屋外アクティビティ」×「ペット関連」の新たな事業を開始する。具体的には、ドッグランを併設した屋外飲食スペースを新たに設置する。飲食物はテイクアウトとして提供し、屋外スペース及び飲食を楽しんでいただく。コロナ禍でも需要を見込み経営の安定化を図る。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 フルーツ大福テイクアウト専門店への新たな取り組みによる業種転換事業 本事業を活用してフルーツ大福テイクアウト専門店開店に必要となる体制の整備、設備の導入を実施し、フルーツ大福製造技術の習得に繋げるとともに、新規事業展開による営業利益の確保、従業員雇用の維持、投資の増加によって当社付加価値の増大を図ります。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 デリバリー・テイクアウト事業参入、新商品開発の為の厨房改装による業態転換実施事業 顧客の衛生意識にこたえつつ、安定したサービス提供の為、本店大幅改装によりテイクアウトやデリバリーなど販売チャネルのデジタル化を図る。衛生管理の効率化を図り、独自製法・素材を活かした新商品開発に繋げる。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 広島初!料理人を繋ぎ、プロの味を届ける食のプラットフォーム「Plaisir Plus」 昨年、初めてテイクアウトを実施したが、店内飲食の延長ではベストな状態で提供できないという課題に直面。店舗の一部を改修し、冷蔵・冷凍・真空包装の設備の設備を導入、ユーザーが一手間加えるだけで仕上がる新製品を開発すれば、ベストな状態のメニューを提供することが可能となる。  さらに設備投資が困難な飲食店と提携し、設備を共有、複数の飲食店の味が楽しめるECサイトで販売。互いに助け合える仕組みを構築する。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 非接触・非対面化に向けたテイクアウトサービスと店舗内業務IT化による業態転換 現状、フルサービスでの接客をしているが、来店客数低下と接触対面サービスがコロナウイルス感染症対策の課題であった。テイクアウトとセルフオーダー、配膳・下膳ロボット、セルフレジを活用したIT化進め、非接触・非対面による事業再構築を行う。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 テイクアウトに特化したファストフード料理店への事業転換を図る 新型コロナウイルス感染症の影響で、既存店の売上が減少していることが課題であり、解決策としてテイクアウトに特化したファストフード(韓丼、スンドゥブ)への事業転換を図る。5年後の売上効果として、15%売上増の効果がある。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 新しい外食業態へ 外食ブランドを活かした商品企画と店舗機能の転換 マーケットの変化から事業ポートフォリオを元に業態転換および新規事業展開を進めていく。具体的には、もともと好調であった外食店舗のブランド・調理ノウハウを活かし、デジタル化・省人化を進め生産性を向上し、合わせてテイクアウトの強化、物販商品の開発を行う。開発した商品をグループの販売チャネルにのせ、売上の拡大を図る。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 「待ち」の飲食業からの脱却と「攻め」の全国への商圏拡大事業 コロナウイルス感染症の拡大で大きな影響を受ける客席飲食業態から、急成長し、市場が拡大している非接触、非対面式の業態(テイクアウト、デリバリーおよびネット通販)に主軸業態を大きく転換する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 宅配弁当製造販売拠点建設によるコロナ禍からのV字回復 弁当・総菜のテイクアウト、配達、卸の製造販売拠点となる建物・設備・システムの構築
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 現固定店舗の撤退と新規キッチンカーによる移動販売への業態転換 新型コロナウイルス蔓延により売り上げが著しく低下し回復の見通しが立たない現店舗を閉鎖し、新たにキッチンカーによる移動販売へ業態転換する。現在需要の高まっているテイクアウト業に参入し速やかに経営の改善を図る。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 オフィス街の居酒屋から、郊外のテイクアウト専門焼き鳥店への業態変更 オフィス街で28坪の居酒屋を経営する事は、今のコロナ禍では固定費及び損益分岐点が高過ぎて利益を出す事が困難になった為居抜き売却を行い、アフターコロナも見据えて郊外におけるテイクアウト専門の焼き鳥店に業態転換する事で固定経費、損益分岐点を縮小して事業の再構築を図る事が目的である。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 仕出しから中食市場をターゲットとした総菜テイクアウトへの転換 コロナの影響で売上が激減した仕出し業を縮小し、店舗の一部を改装して、テイクアウト用の店舗をオープン。やさしさのこもった本物の味を提供する。顧客にコンセプトを伝えるために、統一性のあるデザインを用いる。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 先進デジタル技術導入を伴った業態転換による新たな挑戦 「豚骨ラーメン一筋」という創業以来の方針を一新し、事業再構築を行う。新業態2店を新規出店し、テイクアウト販売にも対応できる商品開発及び、省人化・自動化に資するデジタル技術を駆使した店舗運営で経営効率を飛躍的に向上させ、収益力を強化する事業計画を策定・実行するとともに、地域の飲食業界のV字回復に先陣を切って寄与していく。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 五感で食べる鉄鍋麻婆豆腐を自宅で実現。テイクアウト事業展開 コロナウイルスの影響による来客数減少に対し、思い切った業態転換を行い、攻めの事業を行う。  鉄鍋麻婆豆腐専門店として差別化し、テイクアウトにより、自宅でも五感で楽しめる料理を提供する。コロナ禍に負けない、お客様から選ばれる飲食店を目指す。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 『久留米市で話題の炭火焼肉絆繫の味をご家庭に、全国に』 飲食店の経営のみではコロナウィルスなどの事態に対応することができないため、当店で手作りしているサイドメニューなどをチルド商品として改良し、テイクアウト商品を新たに開発して新規店舗をオープンさせます。収入の柱を多角化し経営を安定させる。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 テイクアウト拡充による販路拡大と非対面型店舗への改装 今回「王様のチャーハン」から「モンスターチキン」として心機一転生まれ変わり、新看板商品の「毛沢東ジーパイ」をテイクアウト販売、及び感染対策を徹底した店内で提供することで、withコロナの時代でも勝ち抜く為の事業の転換を行う。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 ウィズコロナ時代に対応した宅配弁当事業への再構築 20年以上飲食店を営んできましたが、コロナ禍により大きな打撃を受けております。対策として立ち上げたテイクアウト事業だけでなく、宅配弁当事業を実施し、ウィズコロナ時代に適応した形へと再構築を行います。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 移動販売からテイクアウト・デリバリーへの業態転換 これまでのキッチンカーでの移動販売から当社敷地内にキッチンハウスを作り、デリバリー・テイクアウトの業態で営業を拡大してまいりたいと考えております。デリバリーに関しましては、主に主にUber eatsやフードパンダ等のシステムを利用して販路の拡大を図ってまいりたいと考えております。テイクアウトに関しましては、SNS広告、チラシを使い当社を中心に個人客及び法人様に販路を開拓していきます。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 オーセンティックバーマスターが提案するお酒に合う持ち帰り焼き鳥 お客様の飲みたいお酒や気分に合わせて、販売する焼き鳥をご提案・ご提供するテイクアウト事業。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 沖縄と太宰府を融合した新商品開発及びテイクアウト事業の展開 新型コロナウイルスの影響により、飲食店は多大な影響を受けており店内飲食の売上が先行き不透明ななか、自社の強みを活かしたテイクアウト商品の開発・提供及びセルフオーダー・レジシステムを導入した売上向上を図る。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 テイクアウト、ECサイトで販売、舞台付個室の貸しスペース事業を行う 創業63年の歴史を誇る自社薩摩料理のメニューをテイクアウト及びECサイト販売する。舞台付個室を改装し貸しスペース事業を行う。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 コーヒー豆とお酒のネット通販とテイクアウト販売の強化 新型コロナウイルスの影響により、店内飲食のお客様が激減したため、お酒やコーヒー豆のネット通販、そしてテイクアウトドリンクを強化し、店外での飲食物の提供をすることでV字回復を達成する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 移転とテイクアウト専門店へのリニューアルオープンによる事業再構築計画 既存店舗を撤去、移転し新たにテイクアウトコーヒースタンドに業態変換する。  焙煎機を一新。生産力を向上することで既存の事業の一部を維持しながら新たなコーヒースタンドで菓子製造とテイクアウト専門で事業を再構築する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 長崎地鶏と島原産肉巻き野菜を活用し、本格炭火でテイクアウト ウィズコロナ時代の飲食店が、来店を敬遠される消費者に対応するため、「地鶏の串焼き」・地産野菜をバラ肉で巻いた「野菜肉巻き」・地魚の「魚串」を炭火製法により提供することで、商品の新規性とテイクアウト市場の新規性により、「炭火串焼き」で新分野の事業展開を図る。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 阿蘇ブランドを生かした専門店での新市場進出による再構築事業 観光客待ちの店舗営業から注目の新規大型商業施設に進出し、新分野としてカレー専門店を展開することで積極的な顧客獲得を狙う。テイクアウト・デリバリーも新たに展開することにより、収益回復と将来の伸展を図る。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 既存店舗からのたこ焼き業態(テイクアウト)店舗への転換 熊本市中心商店街通行者をターゲット顧客として、自社としてはこれまで取り組んでいないたこ焼き業態(テイクアウト)に挑戦。不要不急の外出自粛の中で、家庭でも安心して頂ける食材を使用し、家庭では再現できないプロの味を楽しんで頂きます。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 新分野への挑戦 本格イタリアン惣菜と保存菜のテイクアウト事業 コロナの影響を乗り越える為に新分野展開として本格イタリアン惣菜と保存菜のテイクアウト事業を行う
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 他にない飲食店メニューを完全出来立て提供し家呑み需要に対応するテイクアウト専門店の開設 既存飲食店の知名度とテイクアウト専用メニューの開発を活かし、他にない居酒屋メニュー等も完全に出来立て、揚げたて、引き立てでの提供を徹底するテイクアウト専門店の設置、及び将来は宅配につなげ独居老人見守りサービスへ広げる。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 名物『三の宮まんじゅう』の事業継承によるテイクアウト新規顧客獲得 観光業特有の近隣客の獲得が出来ていない課題が有り、新規テイクアウト店開店しソウルフード『三の宮まんじゅう』を製造販売することで地元客のテイクアウト需要を獲得することで売上向上する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 ラーメン店から転換!通販やテイクアウトの「商品開発施設の開設」と「ECサイトでの販売促進」 「既存ラーメン店における来店の減少や休業での売上の低下」の課題を「通販やテイクアウト商品開発(LIFE LABO)」に業態転換し、「ECサイトの構築」による通販やテイクアウトでの販売促進で解決。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 宮崎県北地域における唐揚げ専門テイクアウト事業への事業転換 売上げ減少が顕著な飲食店事業から、唐揚げテイクアウト事業への事業転換を図る。県北部では少ない唐揚げ専門店をニッチ市場と捉え、低コストで運営可能なプレハブ店舗を数店舗展開する事で高収益な事業を実現する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 コーヒー焙煎直販事業、FCビジネスの創出 コロナ禍で集客が厳しい立地(商業施設、繁華街)の為に慢性的な不採算となった2店舗を閉鎖し、テイクアウト、オンライン販売、コーヒー焙煎直販事業、そしてライセンス(FC)ビジネスの創出。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 鹿児島の新ソウルフード「茶ぶし」のキッチンカーによるイベント販売 テイクアウト販売を効率的に行うための店舗改築とキッチンカー等を活用した「茶ぶし」「おでん」「焼酎」「お弁当」のデリバリー販売、移動販売やイベント出店等への「事業転換」
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 「食の未来予想図」(新生活様式の中、楽しみ支えあう食のマーケット)計画 企業が行う大規模な会食はなく、個人客も外食より、テイクアウト等による中食に消費行動が変化している現状で、いかに中食の需要を取込めるかが課題で、地産地消を取入れた新形態での食料品の小売市場に挑戦する。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 冷凍「生蕎麦」のインターネット販売事業による新規市場開拓 賞味期限が5日ほどの当社自慢の「生蕎麦」を急速冷凍した商品開発で、店舗以外に販路を持たなかった当社に新たな販路が生まれ、テイクアウトや通販が常態化してきている食の市場で新たな顧客獲得を可能にする。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 ドライブスルー型テイクアウト方式を取り入れた活魚居酒屋事業計画 大型居酒屋を閉鎖し、小型店舗へ移ることで固定費を削減するとともに、ドライブスルー型の海鮮丼等のテイクアウトを開始するなど、ウイズコロナ時代のニーズに合致した営業スタイルに変更して事業存続を図ります。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 ビールに合うシャルキュトリー製造・販売事業 自社でクラフトビールを製造している強みを活かし、ビールのお供になるシャルキュトリーを自社で製造・販売する事業を新たに始める。ブランド豚を一頭買いすることで価格を抑え、それをハムやソーセージ、ベーコンやパテ等に加工することにより付加価値をつけて販売をする。既存のビアレストランでのテイクアウト販売はもちろん、既存の自社ECサイトで販売、百貨店やスーパーへの卸販売、飲食店への卸販売と販路を拡大する予定。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 テイクアウトに注力した定食屋への事業転換及びセルフオーダーの導入 コロナの影響で居酒屋及びバーの来客が激減していることを受け、サービスの提供方法を変更すべく、従来どおりのハンディ等を使用した営業や店内での飲食営業を縮小し、専用の窓口を設置したテイクアウト販売及びセルフオーダー制を新たに導入する。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 焼肉からテイクアウトやネット販売に展開する肉うどん事業の計画 コロナ禍において、酒類を提供する夜間営業来店型レストランの売上げが減っていることを受け、昼間営業テイクアウト型レストランやネット販売に転換することで安定した利益を生むことができる新規事業
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 深夜営業のバーから換気徹底し家族の笑顔溢れる鉄板焼き店へ転換 深夜営業バーから、鉄板焼き店へ業態転換。改装、換気徹底、来店される家族の笑顔が溢れる明るい店舗で、テイクアウトにも対応。“最後のチャンス”を活かす早期の転換で、売上アップ
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 ご当地アイスのスイーツ化展開事業 地域を代表するテイクアウト式のスイーツ販売店を事業化する。既存ホテル事業の1階レストランスペースを改築することによりその立地と、商品提供サービス・食品の調理調整の技術と人材を活用して取り組む新分野展開事業
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 コロナ時代に即したベーカリーカフェへ及びテイクアウト事業参入(建設)による新規顧客層の開拓 コロナの影響で主力事業の婚礼・宴会が激減し、大幅な売上減に陥っている。そのためコロナ禍でも好調なベーカリーカフェ・テイクアウト事業に参入するために物販機能も併せ持つ複合店舗を建設し若年層のカジュアル利用を開拓する。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 お持ち帰り専用商品の開発と極小販売店舗の新設による業種転換 店舗でのみ提供している当社名物商品をテイクアウト専用半製品として商品開発し、これら商品だけを専門販売する4坪程度の極小販売店を複数新設。新生産設備を導入し、飲食業から小売業への業種転換を図る。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 サブスクリプションサービスによる本格お寿司のデリバリー事業 新型コロナウイルスの影響で、緊急事態宣言・外出自粛要請・休業要請の影響で、イートイン・テイクアウト客が激減し、33.3%減少しました。そこで、デリバリーなど消費者ニーズに訴求した、サブスクリプションサービスの事業展開を行います。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 セントラルキッチンの整備と看板商品で利益最大化と労働環境の改善 コロナの影響による飲食店の大幅な売上減少を好転させるため、経営している4店舗のうち1店舗を閉鎖・改修してセントラルキッチン化を図り、労働力の集中を図ることで既存の労働環境の改善と店舗を独立経営できるだけの人材(職人)育成を目指す。また、ホームページの新設(SNS情報発信)と併せて商品を知ってもらい、全国各地へのネット販売、地域へのテイクアウト対応で販路を拡大する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 3Ⅾフリーザー導入による新商品開発、生産性、品質向上及び販路拡大 福井のおいしいお米と、体に良い焙煎玄米、及び越前の新鮮な魚介類を使った当社の独自製法によるオリジナルの海鮮釜めしを、炊き立ての風味をそのままに冷凍保存し、ネット販売及びテイクアウト販売する事業
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 ラウンジ業がテイクアウトも行う日本料理店を開業することで売上拡大を目指す事業 新型コロナウィルスによる影響が直撃している夜の接待を伴う当社のようなラウンジ業は苦境に立たされている。その中、テイクアウトやECサイトを備えた日本料理店を開業することでこれまで取り込めなかった日中のニーズを取り込む。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 レストランの枠組みを超え、「食」ビジネス全体をとらえた取り組み。 コロナの影響による外食需要の減少に対応するため、滋賀県初となる、高齢者介護食の開発、販売  テイクアウト、インターネット通販によるイタリア料理の販売に取り組む。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 一頭仕入・セントラルキッチン化による肉料理中心のプラットフォーム 現状営む焼肉店を肉料理中心の複合な「食」提供を行う店に業態転換する。 その為に、新たなキッチンや新たな食事場所等を設け、商品開発を行う。 開発した商品はランチ・テイクアウト・デリバリー・EC等で販売する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 笠置山自然公園内でのワーケーション&テイクアウト事業 京都府立笠置山自然公園内笠置寺門前に立地する創業131年料理旅館松本亭館内客室をワークスペースにリノベーションし庭園テラス席や公園内に持ち運べるテイクアウト商品の販売事業に挑戦する新分野事業展開
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 切り売りピッツアと惣菜のテイクアウトとイートインもできる店づくり 現在のフランス・ビストロ料理の店舗を切り売りピッツアと惣菜を主体にテイクアウトとイートインもできる新しいスタイルの提供方法もできるよう業態転換する。店内工事で個室等を撤去しショーケースを入れて販売する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 セントラルキッチン新設による通販事業への新規参入と中食市場の売上拡大 セントラルキッチンで仕込み調理を行い、既存店の調理工程を大幅に変更することで生産性を上げネット通販事業及びテイクアウト、宅配、惣菜販売事業の売上拡大を行う。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 会いに来てくれる割烹屋~キッチンカーで季節の京料理を~ キッチンカー(移動販売車両)を導入し、私が強みとする「京料理」に特化したテイクアウト事業を実施。コロナ禍でも堅調な伸びを見せる中食市場へ参入。京都の割烹屋や海外の日本食レストランでの経験を活かし、他にはない独創的なメニューを開発・提供。既によくあるキッチンカーメニュー(ファストフード、スイーツ、弁当等)と差別化。これまで京都でしか食べられなかった料理を、全国各地で食べられる機会を創出します。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 雇用を守り地域需要にあったテイクアウト唐揚げ専門店による新展開 当社は居酒屋を3店舗経営しており、とりわけ緊急事態宣言により大きく影響を受けた。そこで当社のノウハウを活かしながら、安定した需要が期待できるテイクアウト唐揚げ専門店を開店することで、雇用を守り、収益回復を目論む。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 ツバクロ新事業プロジェクト 新型コロナウイルス感染症の感染拡大によって飲食業には大きな打撃を受けた。ウィズコロナ・アフターコロナの「新しい生活様式」に対応すべく、本補助事業を用いてテイクアウト事業への参入と新製品の開発を行う。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 洋食商品のテイクアウト専門店の開店及びオンライン、卸販売 当社はこれまでレストラン業態を主体としてきたが、新たに物販事業を行う。洋食商品をテイクアウト専門店として開店するともにオンライン、卸での販売を行う。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 京料理の経験を活かしたケーキの製造・販売新規事業 京料理を主力とした和食料理店が、ケーキ・洋菓子の製造と販売(テイクアウト)を始める。製造・販売のみならず、既存店舗で「アフタヌーンティーセット」「アフタヌーンティー宅配便」として提供予定である(イートインと配達)。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 ラーメン店ならではの商品を活かした新規テイクアウト販売開始計画 店内改装工事によりテイクアウト販売スペースを新たに設営し、ラーメン店ならではの商品を活かした新規テイクアウト販売を開始する。既存の利用の9割を占める近隣大学の学生利用以外の新規顧客層の中食需要を取り込み、コロナ禍でも安定した売上を見込むことのできる店舗を目指す。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 コロナに打ち勝つため、餃子・唐揚げ専門の中華料理店へ業態変更 魚系居酒屋フランチャイズ店が、①コロナ禍においても業績好調、②デリバリー・テイクアウト需要有り、③ローコストで出店可能、である餃子・唐揚げ専門の中華料理店を自社ブランドで立ち上げて業態変更を実施
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 テイクアウト開始による売上の柱の構築 コロナウイルスの影響により、店内販売の売上が最大で14%まで減少した。そのため、店内販売に頼らない販売の柱としてテイクアウト事業を開始する。  また、アフターコロナにおいて換気・衛生設備を増強し、顧客の安心感と満足の向上を図る。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 自家焙煎珈琲豆の卸売・小売の開始による新分野展開 緊急事態宣言により時短営業や営業自粛を強いられ、特に主たる顧客層の高齢者の足が遠のき売上が下がった。感染リスクを避けて事業を継続するためにテイクアウト需要に呼応して自家焙煎コーヒー豆の販売を開始する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 コロナ対策で個別対応による新たな食のエンターテイメントを創出する新店舗で事業再構築実現 現在課題となっているWITHコロナの3密対策として職人が個別のお客様に専属でつき、目の前で寿司を握る今までの方式とは全く違うスタイルの新規店をオープン。また新しいテイクアウト商品「わさび巻」も開発し新たに販売。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 テイクアウト・EC販売等に対応した餃子専門店 現在ラーメン店を経営。コロナによる外出自粛、時短要請で売上が減少。ラーメン市場も縮小傾向。中食事業は拡大傾向にあり、餃子需要が見込める堺市でテイクアウトやEC販売に対応した餃子専門店を事業展開する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 既存店舗を縮小しテイクアウトメインの店舗に改装する計画 当社は100席ほどの居酒屋を経営していたが、新型コロナウイルス感染症の影響で売上が激減した。既存の店舗を撤退し、自社物件に縮小した形で移転する。テイクアウトにも対応した店舗を開業し、事業のV字回復を図る。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 テイクアウト・デリバリー・ネット通販の開始 コロナ禍でイートインの売上が激減している今、テイクアウト・デリバリー・ネット通販を開始することで、売り上げの積み上げを図る。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 お持ち帰りとお一人様立ち飲みスタイルの出汁料理屋の新業態開発 弊社としてはこれまで取り組んでいないテイクアウト商品と立ち飲みスタイルで商品を提供するスタイルの新業態を作り上げる。テイクアウト商品のメイン商品は出汁をしっかりきかせた「たこ焼き」と「唐揚げ」を出来立てで提供する。さらに新機能のスチームコンベクションをフル活用させ、和洋中問わずオリジナルメニュー開発を行い、独自の店作りに挑戦する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 洋食店の技術を活かしたスープと自家製麺によるラーメン店の開業 コロナの影響による売上高、特に人件費の回復の為に、隣り合った2室の店舗のうち1室を改装し、洋食店の技術を活かしたスープと自家製麺によるラーメン店の開業及びECサイトによるテイクアウト、通信販売事業を行う。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 テイクアウト事業の立上げによる新名物創生プロジェクト 弊社の強みである商品企画力を最大限活かせ、今後成長が期待できる事業であり、かつ、弊社としてこれまで取組んでいなかったテイクアウト事業を新たに立上げ、弊社の新しい名物商品を生み出していくプロジェクトとなっております。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 afterコロナ、withコロナの時代に向けて 飲食事業を最大限に活用した販路拡大 新型コロナウイルス感染拡大による度重なる緊急事態宣言による時短要請、休業要請により当社の飲食事業はコロナ以前と比較し約50%減と大きな影響を受けた。当社としては、これまでの飲食事業のノウハウを最大限に活用し、テイクアウト、小売、フードデリバリー及びB to Bの空港軽食販売事業に参入し、afterコロナ、withコロナの時代のニーズに合う新分野展開を行う。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 無農薬玄米カレーのテイクアウト・デリバリー業態への参入 無農薬玄米カレーキッチンカー事業からテイクアウト・デリバリー業態への変換
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 テイクアウト設備とイートイン設備の刷新による事業再構築 寿司店におけるテイクアウト設備とイートイン設備を改築することにより、新商品の販売訴求、作業効率のアップ、生産性の向上、店頭イメージの刷新、感染対策の向上を図る。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 業務用オーブン導入による焼き立てパンの提供とテイクアウト窓口設置 下町の喫茶店である当店に業務用オーブンを導入して、ホテルのような焼き立てパンを提供する「ベーカリーカフェ」を目指す。入店せず買える窓口を設置しテイクアウトを強化する。飲食コンサルタントと共に本事業を展開する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 麺・丼ぶり・揚げ物テイクアウト専門店開業とフランチャイズ事業 本計画は手羽先料理の居酒屋として展開してきた当社が、商品開発力を武器に本格的にテ  イクアウトデリバリー業態へ進出し、麺から丼ぶりなどの定食系から揚げ物総菜を中心に  居酒屋×テイクアウトデリバリーのハイブリッド業態のフランチャイズ事業にも進出します。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 飲食店が手掛ける味よし人よし地域密着型の宅配弁当事業 一般企業及び消費者に対し、エリアを限定して、弁当の自社配送による宅配・テイクアウト事業を行う(「やどかり弁当」とフランチャイズ契約を締結済み)
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 ウィズコロナ・人口減少社会に生き残る健康貢献型飲食事業再構築 【飲食店の利益の安定化】、【事業の多角化による新しいポートフォリオ形成】のため以下を行なう。  ①セルフオーダー・セルフレジ導入による、非対面化・省人化の店舗運営  ②セルフオーダー&ピックアップによる、非対面化テイクアウトサービスの開始  ③レトルト機械導入による、常温流通可能なパウチ食品の製造・販売  ④オンラインで行なう『食の健康講座』の事業化  ⑤社内独立制度としてのフランチャイズ本部構築
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 飲食スペース縮小し、テイクアウトでの販路拡大 飲食スペース縮小し、テイクアウトでの販路拡大。主に当店オリジナルのワインデザート、スペイン菓子、生ハムやドレッシングやピクルスなども販売。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 専用設備導入よる大量生産の構築と新分野展開及び販路拡大 地元の食材にこだわった「味」を追求した「巻き寿司」の卸売販売を新たに開始する。具体的には地元の食材を使った巻き寿司の大量生産の事業体制を整備し、島内観光施設に卸売販売と店内一部を改修しテイクアウトスペースを設け販売を行う。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 ブライダル向け飲食店からテイクアウト用パン製造業への業務転換 神戸煉瓦街に面したボードウォークや、神戸市のウォーターフロントの中心的な広場であるメリケンパークの眺望を活かした「外食」を楽しんで頂く為に、テイクアウト用パン製造業への業態転換を行います。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 産地直送!地元の新鮮素材を使用したドリンク&フード事業の展開 姫路市にてスナックを経営しており、新型コロナウイルスの影響を直接的に受けている。カフェ事業に参入し地元農家から産地直送の素材でドリンクとフードをテイクアウト、デリバリー、店内の3つの方法で提供する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 芦屋サンドボックスのテイクアウト販売及びECサイト立ち上げ 兵庫県芦屋市で、人気のイタリアンレストランの味を手軽に味わえる新商品のサンドボックスを、テイクアウト及び新たに構築するECサイトでの販売に業態転換し、販路を拡大する。また、フランチャイズ化への足掛かりとする。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 丹波あじわいどりを用いた新商品をメインとしたテイクアウト専門店の出店 大通りから外れた既店舗でのレストラン営業に加えて、国道沿いにてテイクアウト専門店を出店することにより、観光客や通行層などの新規客層の認知を狙う。本事業は、8年前の開店以来、地域に根付いた信頼ある店名を掲げ、さらに本事業用に考案した新商品を低価格で提供し、当店の味を広く知ってもらうアンテナショップ的な役割を担い、既事業を含む全体的な売上の底上げを行うために実施する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 店舗型飲食サービス事業から食料品製造業への業種転換計画 取引先であるJA兵庫六甲の農家と連携し、規格外農産物を商品化し、様々な販路で販売を行う。中食需要に対応するため飲食店とテイクアウト、レトルト商品を共同開発し、新たな収益構造を作りあげるサービスの提供を行う。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 「テイクアウト・通販」市場への参入計画 現在、ホテル内レストランにて提供している食事をテイクアウトや、お取り寄せとしてもお客様に楽しんでいただくため、洋菓子等の物販店舗の営業を縮小し、「テイクアウト・通販」市場への参入を計画
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 じゅん亭JR尼崎駅前プロジェクト これまでのイートイン形式の焼肉店に追加し、終日当社が取り扱う牛肉を使用したテイクアウト、デリバリー対応の焼肉店を運営致します。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 既存の飲食店を縮小し、からあげ弁当のテイクアウト専門店を開業 コロナ下の現状では飲食店を2軒継続できないため、一店舗閉店し業態転換として、自己所有地に「からあげ弁当のテイクアウト専門店」を出店する。赤穂市にはまだこの形態の店舗がないことから優位に立てる。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 電気ピッツァ窯導入によるテイクアウト販売拡充計画 新型コロナウィルス感染症の感染拡大に伴い発令された緊急事態宣言により、店内飲食メインの当店の事業は影響を受けている。テイクアウトに対応する料理のメニューが現在は無いため、本事業により料理のテイクアウトを新規に開始することで業績の回復を計画するものである。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 カフェサービスの導入及びイタリアン弁当の提供事業 一部設備撤去を伴う店舗改装により、テイクアウトコーナーの開設とテイクアウト商材の開発(イタリアン弁当)と提供及びカフェサービスの新規導入と展開を行う事業。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 インドネシア料理をコア・コンピタンスとしたチャネル拡大政策による新たな顧客創造 当事業は、インドネシア料理をコア・コンピタンスとして、①個室によるラグジュアリー層向けインドネシア宮廷料理の提供と②観光客及び地元住民を対象としたバリピザ及びスープのテイクアウト/通販の2つの事業を展開することで新たな顧客の創造に挑戦する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 既存事業と最大限の相乗効果を生む高級焼肉とテイクアウトに進出 高級食材を手頃な価格で提供するポリシーを貫いたために事業収益力が悪化、既存事業の強みであるフランス料理人の世界一の出汁技術と高級食材の仕入れ力及び結婚式で磨いた最高のもてなしサービス力を生かせる新分野(焼肉料理とテイクアウト)へ進出し収益力改善する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 銅板製電気グリドルを導入した新商品専門店の開業と露店販売事業 新商品の開発と提供を行い、個性的な空間を演出したパンケーキ専門店による売上拡大を目指す。提供場所として、実店舗内販売、テイクアウト販売、露店販売の事業に乗り出し、新分野展開を行う。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 ミニハウス設置による無農薬野菜・果物テイクアウトメニュー・小売販売事業 店舗前待合スペースをイベントスペースに改修しミニハウス(テイクアウトメイン)を設置。無農薬野菜・果物を使用したスムージー・スープやテイクアウトメニュー販売を行う。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 天空の聖地 高野山にて観光客に食と住と心よりのおもてなしを 世界遺産である宗教都市高野山でCAFE DE LOTOUSという喫茶店を営んでいるがコロナの影響で外国人観光客は激減した。コロナ収束までは、国内観光客をターゲットに、コロナ収束後は、再び外国人観光客も視野に民泊事業とテイクアウト弁当販売事業を新しくスタートさせ収益性の改善を図る。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 地元顧客獲得宣言!まぐろ自慢の民宿が運営するテイクアウト事業 主たる事業の宿泊業において、感染予防対策として食堂の収容人数を減らした為に、自慢のまぐろを食べてもらう機会が減ってしまった。そこで自慢のまぐろ料理をテイクアウトで地元顧客の食卓や、観光客の宿泊先で食べてもらう。宣伝による相乗効果により売上が上がることを図る。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 コロナ禍における新しい飲食業スタイルの確立とモデルの構築 現在は建物1階で居酒屋「おばんや」、2階でワインバル「ぼくらの食卓」を経営しています。今回の再構築では1階の「おばんや」を改装し、手作りと栄養バランスにこだわったテイクアウト料理の販売と地元の野菜・肉・魚を使用した鉄板焼き料理の販売する事業
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 ウィズコロナ・ポストコロナに対応した飲食店の業態転換計画 新型コロナウイルスによる、料理のテイクアウト販売・デリバリーの需要が増えたことを受けて、新たに弁当の販売を開始し、弁当販売による新たな顧客の既存店舗の認知度向上により収益の改善を図る。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 新しい時代の地域を活かした地域に生きる地産地消レストラン 自家生産野菜や地元の農家さん生産の野菜を使ったレストランや野菜の販売、近隣の施設を活かしたテイクアウト商品  体験をテーマにした花木の販売  地元に密着したイベント(フリーマーケット等)開催など
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 新市場となる外来利用客の獲得を図る飲食店・ジム開設新事業計画 コロナ禍により稼働のなくなった団体客向けの二次会施設を、レストランやジム等に事業転換し、宿泊外の地元客・地域来訪客対象のテイクアウトを含む外来利用促進を狙う新市場への進出を図り、新たな売上の柱を作る。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 美味しい高級イタリアンをご自宅で楽しむエンターテイメント 新型コロナウイルス感染症の影響で売上が激減した為、レストラン営業を主体とした事業から、テイクアウト・デリバリー・ミールキットecを主体とした事業へ転換し、売上の拡大を狙う事業計画を策定しました。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 テイクアウト販売を伴ったブランド焼き鳥の新店舗を展開する コロナ禍で2020年度の売上が前年比の60%となりバル飲食業態だけでは成り立たない。今後は生活変化の需要を取り込み、誰もが好む焼き鳥のブランド店を開店してテイクアウト販売との相乗効果で収益回復を図る。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 パンケーキを看板商品にした喫茶店をオープンして事業再構築 現在のうどん店の来客が昼食時と夕食時に集中する、うどんはテイクアウトへの対応が困難といった弱みを克服するため、新たに喫茶店をオープンし、朝食・間食時の売上の底上げを図り、テイクアウトに対応します。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 非接触ベーカリー店舗のフランチャイズ展開事業 顧客がタッチパネルでオーダーするテイクアウト型ベーカリー業態を開発した。その事業をフランチャイズ展開するため工場を設立し、フランチャイズパッケージ作成を専門家に依頼、広報活動により加盟店を募集する。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 テイクアウト特化型店舗へのシフトとアフターコロナ、ニューノーマルへの対応 店を移転し新店舗ではテイクアウト用窓口を新設し掘りごたつなどの宴会用の席を撤去。テイクアウト商品や冷凍商品を店頭で購入できるように改修する。店内にはカウンターを新設し孤食や少人数での需要対応を強化する。  大人数での宴会に依存していたところ、テイクアウト惣菜やデリバリー、少人数でお酒を楽しむ人の需要に対応することで売り上げの回復を図る
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 内食・中食・外食、全てを備えた食のライフスタイルショップ事業 コロナの影響で売上が減少したコース料理専門のイタリア料理店を縮小し、新たにテイクアウトに対応したスペイン料理店と、提携している生産者の食材等を販売する物販店を併設することで新たな需要を獲得する。
宿泊業,飲食サービス業 卒業枠 食品加工場を建設し、オリジナル商品を開発し卸・通販事業の拡大 飲食店事業から食品加工製造業に転換を図り、弊社の強みであるイベリコ豚の加工品を生産し、全国の飲食店や、商社に販売していく取り組みを行う。自社で製造することでコスト削減になるだけでなく、コロナ過による巣ごもり消費でテイクアウトや通販などの需要が拡大している市場を取り込む。また、コロナ過で厳しい状況になっている飲食店にも加工品製造のノウハウを提供し、店舗メニューのパッケージ商品の受託開発を請け負う
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 コロナに負けない!下町喫茶店のサンドイッチ専門テイクアウトとEC販売 飲食店は感染対策強化の必要性に迫られています。当喫茶店ではサンドイッチの店外受取型テイクアウトとオンラインサービス(EC・開業コンサル)を新たに展開し、非接触でサービス提供できるビジネスモデルの確立および売上拡大を目指します。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 テイクアウト販売と通信販売による売上の柱の構築とオムニチャネル化の実現 運営する飲食店の売り上げの減少を打開するため、自社の強みである立地、仕入れ力を生かして新たにテイクアウト販売と通信販売の事業を立ち上げ、新たな収益の柱とする。更にオムニチャネル化という可能性に挑戦しながら、既存事業・テイクアウト事業・EC サイト事業の相乗効果と最適化を図る。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 新業態の飲食店出店による思い切った事業再構築への挑戦 オフィス街の飲食店で飲み客主体から脱却するために、駅地下街に食事主体の店舗を出店する。精肉卸で仕入力のある黒毛和牛を使ったレストラン、惣菜・弁当のテイクアウトとデリバリーを始めて、新分野進出に挑戦。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 非対面式の注文システムの導入による鮮魚等のテイクアウト販売事業 コロナの影響で海鮮居酒屋への来客数が大きく減少しているため、非対面式の注文システムを使った鮮魚等のテイクアウト販売事業に進出する。また、新設備の導入により、魚介類の鮮度を長時間維持できる販売方法を採用する。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 テイクアウトに重点を置いた台湾朝食専門店の開業 コロナ渦のテイクアウト需要増加を受け、自社の強みである商品開発力を武器に、テイクアウトしやすい軽食・ベーカリーを用いた新分野展開を行う。営業時間は朝~昼をメインとし、住宅街の路面店とすることで密のイメージを払拭する。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 新阪神百貨店での惣菜及びスイーツ製造販売・テイクアウト事業 当社はタイ料理の専門店として20年間の実績を築いてきました。今回は今まで培ってきた知名度やノウハウ、独自の仕入れルートを活用し高級専門料理店の味を低価格で惣菜やスィーツ、テイクアウトや軽食で気軽に楽しめる事業に取り組みます。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 「せんば自由軒」コロナ対応非接触型カレー商品の製造販売事業 当社は「せんば自由軒」ブランドのカレーレストラン事業を展開している。今般の新型コロナウィルス感染症拡大の影響による売上高の減少を打開するために、新しく「レトルトカレー」、「カレーパン」、「テイクアウトカレー」の製造販売による業態転換を計画している。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 新商品のテイクアウト&EC販路による販路開拓事業 新型コロナウイルスの影響に伴い売上が大幅に減少している。今後、テイクアウト販売を行うための新たな設備投資を実施しテイクアウト用の新商品を開発・販売するほか、EC販売を始めることで売上の回復を図る。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 養鶏場を守る。ハンバーガーファーストフード店事業 テイクアウト・デリバリー・EC販売など店舗以外での売上を多く見込む。既存3店舗は主に夜間、食事やお酒の提供を行う店内飲食店であるが、朝から夜間まで営業するハンバーガーファーストフード店を開業する。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 持ち帰り生ラーメンの開発と、こだわり食材の高品質食品無人販売店事業 当社初の生ラーメンを開発しテイクアウト専門無人販売店をオープンします。持ち帰り商品製造工場を作り、当社の強みである高品質食材のテイクアウトメニューを感染リスクが限りなくゼロな無人販売店で販売します。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 飲食店改装によるデリバリー・テイクアウト専門店への業態転換 これまでうどん店として営業してきた店舗を改装し、客席等を撤去してデリバリー・テイクアウト対応に特化した専門店を開始する。強みである調理体制・立地・調理技術を活用して、顧客ニーズに対応し売上増加を図る。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 ITを駆使した新タイプの鮮魚店によるコロナ禍でも影響されないバラエティな販売ツールを持つ総合飲食モデルの創出事業 老舗飲食店が挑む、ライブカメラを駆使した大型生簀水槽から消費者のニーズに応えた鮮魚の姿造りから切り身に至るまで予約販売をする新タイプの最新HACCP対応鮮魚店かつ、寿司・弁当をソーシャルディスタンスを意識した高換気店内でのイートイン、テイクアウト、キッチンカーでのデリバリー販売をITを駆使した今までにない総合飲食モデルの創出をします。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 「韓国No1 唐揚げ専門 NENEチキンの日本市場拡大事業」 ①出店立地を都市観光地から大型商業施設・郊外テーマパークに移行します。  ②テイクアウト・フードデリバリーに強く世界的ブランドである「NENEチキン」をフランチャイズ展開し、メディア・SNS露出が多く、知名度が高い弊社の特徴を活かすことで、コロナ禍にも強い屋号で出店立地を見直し、事業を立て直します。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 モリノテラス~能勢の森林活用による三密のない場と体験の提供~ 自然豊かな能勢町にてプライベートデッキを設置し有料で貸し出す。またテイクアウト専門カフェや薪サウナを併設することで付帯売上を生み出す。三密がなく付加価値が高い場と体験を提供する事業で事業再構築を図る。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 こだわりのパン・スイーツ・コーヒーのテイクアウト店舗への転換 当店は、三郷町でカフェ店を経営しております。新型コロナの影響を受け、カフェ店から手づくりのパン・スイーツと、自家焙煎コーヒーを特長とするテイクアウト店へと転換します。現店舗を閉鎖し新店舗を建設します。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 和歌山城ホールにおける全品テイクアウト可能なデリバリーカフェの開設 新型コロナウイルスの影響を受け、韓国料理店を主とした既存事業の売上高は大きく減少している。今般、和歌山城ホールのリニューアルに伴い、唯一の飲食事業者として当社が全品テイクアウト可能なデリバリーカフェを開設し、事業再構築を果たす。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 コロナに打ち勝つ「えきちか街なかプチレジャー施設”グルスポわかやま”」の展開 既存事業と親和性のあるグルメとスポーツ事業をアウトドア形態で新たに設置、ドライブイン形式テイクアウトセンターを併設したアフターコロナ時代における需要に応える「グルメ&スポーツが楽しめるプチレジャー施設」として飲食事業の再構築を図る
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 下野エリア初、IT活用による非接触次世代型ハイブリッド鮮魚店の展開 全く見通しが立たない居酒屋業態の売上回復に対して、自社の強みである、地元企業との繋がりや鮮魚を売りにした店舗の存在を活かして、テイクアウト型鮮魚店へ新たに展開。さらにポストコロナ時代の社会性を鑑み、ITを活用しながら、出来得る限り非接触型で商品を受け取れる仕組みを導入していく。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 アップルパイのテイクアウト及び通販事業への新規参入(飲食事業から菓子製造業への業態転換) コロナウィルスの影響で店内飲食や宴会・パーティが激減する中、当店でイートイン人気No.1スイーツである「アップルパイ」をテイクアウト用に再構築し、パイのテイクアウト専門店として新業態を立ち上げます。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 中国料理のテイクアウト事業拡大による新規顧客の開拓 近年、当社の売上高の5割を占めていた宴会利用客が新型コロナウイルス感染症の問題により激減し、40年近く続いた飲食店が事業継続危機に陥った。本事業では新たにテイクアウト事業を立ち上げ、ウイルス感染の長期化に備えて売上高と集客力をコロナウイルス感染症以前までに増加させる。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 地域の焼き鳥居酒屋から強みを生かしたテイクアウト事業への転換 本事業では、新型コロナウィルスの影響を乗り越える為の事業転換として、①焼き鳥専門店としてのテイクアウトサービスへの取り組みと新たな顧客層の発掘を行う。またテイクアウト事業に事業転換を行う上での必要な設備導入と内装工事にも取り組むものとする。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 総菜・弁当の製造販売拠点建設による新規売上と既存事業の効率化 既存の居酒屋から近い場所に総菜・弁当の製造拠点を建設し、近隣住民やオフィスへの総菜・弁当のテイクアウトとデリバリーを行う。あわせて、居酒屋における商品開発・職員研修・集中仕入による効率化を図っていく。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 屋外飲食ブース&テイクアウト用屋台づくりと貸会議室の新規運営 ① コロナ禍で入店に抵抗を感じるお客さまのために屋外飲食ブース新設とお料理をテイクアウトできる屋台の運営  ② 長州ビル3階ワンフロアを貸会議室・コワーキングスペースに改修・運営
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 地元素材満載!人気バーのキッチンカーによる新規販路開拓事業 既存のバーが新型コロナにより売上が激減したため、キッチンカーとテイクアウトにより事業再構築を図ります。これにより新たにファミリー層を狙うと共に、新しい生活様式でのテイクアウトを求めるニーズに応えます。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 キッチンカーでのパニーニ等の販売と既存店舗との相乗効果の発揮 既存店舗に近い参道沿いにキッチンカーを設置する。既存店舗で作ったパニーニやジェラート、スープ等を参拝客やサッカー観戦客へ販売し、地域住民へのテイクアウトを行う。地元大宮の活性化の足掛かりにする。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 テイクアウト専門冷凍自動販売機設置による新販売方式事業 当社におけるそうざい販売において一番人気メニューである「鶏のから揚げ」等を、いつでも誰でも購入することができるように、テイクアウト専用自動販売機において非接触型による新生活様式対応販売事業。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 グループ会社を活用したこだわり唐揚げテイクアウト販売事業 駅への通り道となっており通行量が多いにも関わらず、壁となっていた店舗側面をテイクアウト販売専用スペースに改装する。同時にグループ会社の唐揚げを提供し付加価値を高め、中食需要に合わせた業態転換を行う。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 海沿いの立地で観光客・サーファーにテイクアウト料理を提供 台風被害や新型コロナウイルスの影響で首都圏から観光客が減少する中で、外房の海の幸の魅力を提供するため店舗を改装し、魚屋が経営するオーシャンビューのテイクアウト店を新規開店することで売り上げのV字回復を図る
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 洋菓子テイクアウト・ドッグカフェ事業で新たな顧客層の獲得 当店はイタリアンレストランですが、本事業は強みを生かし社会のニーズに適応する事業です。「洋菓子テイクアウト」は、今よりも若い世代や家族層のニーズ、「ドッグカフェ」は、愛犬家のニーズを満たします。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 新しいヘルシー中華料理を提供するテイクアウト特化店舗のオープン テイクアウト販売・低接触サービスに特化した店舗を新設し、新たに健康に配慮した中華料理・弁当・惣菜などを販売し、健康・高級志向の新規顧客を取り込むことで、コロナ禍による経営難からのV字回復を図る。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 商業施設内のオリジナルパイ専門店開業による、夜業態からの経営転換 長年の居酒屋経営で培ったセントラルキッチン活用と従業員サービスのノウハウを活かしつつ、昼間消費が見込める立地で付加価値訴求とテイクアウト需要が見込めるパイ専門店を開業。グループ全体の事業ポートフォリオ改善を図る。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 イベントスペースの縮小・かき氷販売開始によるテイクアウトスイーツの販路開拓 現在のイベント・スイーツカフェスペースを縮小し、テイクアウトスイーツを前面に出す。夏頃のリニューアルに合わせて新規にかき氷の販売を始めることで、テイクアウトスイーツ店としての転換を認知してもらう
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 有限会社東京フードサービスが取り組む「炭火串焼」新業態への転換 刺身割烹料理店をテイクアウトに適した炭火串焼業態に転換するために、本事業の補助金を活用し、旧設備撤去、新たな機器設備等を設置する。また、省人化実現に向け、客席専用オーダー端末を導入し、店舗縮小運営を図る。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 業態転換によるデリバリー・テイクアウトサービスの開始 弊社運営の蕎麦・うどん店「長盛庵」(東京都八王子市めじろ台)における設備投資を行い、デリバリー・テイクアウトにニーズに対応可能な店舗体制を確立する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 オーガニックさつまいもスイーツの開発、レストラン事業からからスイーツ事業 新事業ではプレハブ冷凍庫を導入するなど、セントラルキッチンを改装しさつまいもスイーツテイクアウト店を開業します。イートインやケータリングによる売上の減少を踏まえ、スイーツテイクアウト事業を強化します。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 厨房と客席の全面改装による、テイクアウト宅配サービスへの業態転換 新型コロナウイルス感染症による影響により、通常のイートインだけでは経営が成り立たなくなってしまった為、厨房と客席を全面改装し、イートインと並行してテイクアウトと宅配サービスを始める業態転換計画です。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 非接触注文が可能なアートギャラリーのあるカフェバル アートギャラリーを併設したカフェバルを立ち上げる。既存事業では夜の営業が中心だったが、ランチ・テイクアウトにより売上回復を狙う。また、QRコードの読取りにより、顧客自身のスマホで注文できるシステムも導入する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 料亭「浅田」によるお弁当を中心とした物販事業への新規展開 新型コロナが料亭業界に与えた影響は大きく、今後の回復の見通しも立っていない。そこで、テイクアウト市場の拡大を機会と捉え、料亭の伝統の味をお弁当に詰め、今回構築する当社ECサイト等で販売していく計画とする。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 デリバリー&テイクアウト事業 完全非接触(対人対面無し)テイクアウト業態とデリバリー特化型の2つの業態の開発とそれを運営する新分野の事業創出を目指す。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 銀座の立地とブランドを活かしたテイクアウト業態の展開事業 銀座界隈の高所得者層や歌舞伎座来訪顧客に向けたランチ・弁当需要を取り込むべく、店舗席数を削減しテイクアウト設備を設置する。昼間営業での売り上げを新たに確保し、コロナ影響に打ち勝つ収益の柱を構築する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 グループの総合力を生かしたテイクアウト店舗への大胆な新分野展開 テイクアウト専用店舗に向けた立地選定、人材力が課題。目利き力を活かした立地選定と経験豊かな担当者を任命し、強みの店舗運営ノウハウを集中投下する。グループ会社の資産も活用し、総合力でV字回復を目指す。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 長期保存が可能な調味料やアイスクリームを製造しテイクアウト・通販事業を強化   現在、緊急事態宣言や東京都による時短要請の影響により、カフェ・レストランの売上が激減している。現在の賃貸物件では営業を継続できないため、固定費削減のため店舗を移設したうえで、長期保存ができる調味料やアイスクリームを製造し、テイクアウト・通販事業を強化する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 「鶏の家」~テイクアウト専門店~ コロナウイルスの影響で宴会需要が激減。今後も回復が見込めないため、テイクアウト専門店をオープン。新たに学生や主婦にも購入してもらうことで、新規顧客獲得を目指し事業の再構築を図る。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 新規顧客層開拓のためのから揚げ専門店出店計画 現状、アッパーミドル向けの大型飲食店を運営しているが、このビジネスは夜間外出制限が大きな脅威となる。これを補完すべく、一般家庭向けの食卓需要を狙ったテイクアウト型から揚げ専門店を展開する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 焼きそばをメインとした「屋台鉄板」料理の提供とコロナ対応店舗の出店 既存の天婦羅専門店を撤退し、焼きそばなどの鉄板料理・屋台飯を提供する「屋台鉄板」を出店する。コロナ禍による事業継続の危機を乗り切る為、地域密着のB級グルメをテイクアウト対応店舗やデリバリーで提供する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 焼き鳥居酒屋からテイクアウト・デリバリから揚げ専門店への転換 岩手県産の銘柄鶏を心を込めて仕込み、備長炭で丁寧に焼き上げる焼き鳥専門店が、そのこだわりの鶏の希少部位を使ったから揚げのテイクアウト・デリバリ店へ業態転換を行います。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 中野北口食品加工工場設立計画 新型コロナウイルスの影響を乗り越えるため、「日本酒に特化した居酒屋」ならではの独自の視点で開発した「やきそば」「コーラシロップ」「スパイス」を、需要が急激に増加しているテイクアウト・ECにて販売する取り組み。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 最新設備を活用したテイクアウト事業とモバイルアクセサリー事業 今回の導入設備・研修を通じてテイクアウト事業とモバイルアクセサリー事業の新展開を行う。2つの新規事業を通じて新型コロナウイルスで弱まった経営基盤の強化を図り、持続可能な経営基盤の構築を目指す。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 腕利きのイタリアンシェフが調理するお好み焼き×フードデリバリー 近年コロナウイルス感染拡大の影響を受け、営業時間の短縮や休業を余儀なくされる中、弊社も例外ではなく、売り上げ減少の一途をたどっています。しかし、この厳しい状況下の中、バーチャルレストラン並立型店舗を設けることにより、テイクアウト・デリバリー事業に力を入れ、店舗での接客と非接触型のネットを駆使したビジネスの両立をし、事業を拡大したいと考えております。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 Withコロナ時代に対応したイートイン型はるまき専門店の開店 これまでテイクアウトの店舗を作ってきましたが、「揚げたてをその場で召し上がりたい」というお客様のお声が多かったです。それに応える様にイートインスペースを確保し、コロナ対策としては全て壁側に向かった席とすること、また少人数での(1グループ3名まで)座席配置とします。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 デリバリー、テイクアウト、通信販売による事業再構築 新型コロナ感染拡大により、時短要請が続き、今までの居酒屋経営では売り上げ維持が困難であるため、デリバリー、テイクアウト、通信販売を同時に行える複合業態に事業を再構築する
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 本格的厨房設備を備えたキッチンカーによる事業展開 キッチンカーを使った海鮮料理のテイクアウト販売。及び、屋外で飲食を楽しむ為の空間を提供する。これにより新たな客層を確保する事と、開放感ある場所での飲食を提案することで、利用者がより安心して外食を楽しめる。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 新商品ガトーショコラのテイクアウトサービス事業計画 ■新商品ガトーショコラのテイクアウトサービスを開始する。    現在は、店舗におけるワインの提供がメインである。  しかし、コロナウィルスの影響により、店舗売上高が減少傾向にあるため、  新たに新商品である「ガトーショコラ」を制作し、テイクアウトのメイン商品として展開していく。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 改装工事や新メニュー開発、デジタル技術の活用等によるテイクアウト販売 主力商品のペリペリチキンを使った軽食メニューを開発し、店頭や店内の改装及びレイアウト変更、厨房機器の導入、モバイルオーダーシステムの導入などによりテイクアウト販売を開始することで、業態転換を図る。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 からあげ原人セントラルキッチン構築事業 当社のテイクアウト・デリバリーブランドである「からあげ原人」のFC加盟事業者へ、卸売をすべく、セントラルキッチンを構築します。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 新食感のかき氷とタイ料理デリバリー、テイクアウトへの事業転換 現在のバーの店舗を改装してかき氷を提供。新規店舗でデリバリーとテイクアウトを中心としたタイ料理店を開業する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 食品ロスで飲食店がペット食品製造を兼業するサステナブルビジネス構築 コロナ禍により、既存事業の売上が激減。外食市場の減少を懸念し、テイクアウトやECサイトだけでなくジビエ専門店の強みを活かして、ペットの健康食品ニーズが高まる市場に参入し、新たな顧客と売上の確保を目指す
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 デリバリーとテイクアウトの新事業を1店舗の厨房で複数業態を提供できる店舗の出店 既存店のオフィス街の飲食店を撤退して、新たに江戸川区東葛西にある物件を取得して、住宅街のファミリー層をターゲット顧客として、1つの厨房でテイクアウトとデリバリーとイートインの料理を、同じ料理スタッフ達が複数業態の料理を調理して提供するという新業態に取り組みます。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 ネット通販システム構築とモバイルオーダー導入による販路拡大 当社は燻製料理に特化した飲食店であり、「家飲みのおつまみ」をターゲットにEコマースで全国に向けて販売を行う。同時に、スマホから注文~決済を確立し、テイクアウト販売の滞在時間や待ち時間の減少が可能となる。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 飲食提供サービスからイタリアン惣菜のテイクアウトへの業態転換 飲食提供サービスから「店舗改修・厨房設備・レジシステム」を導入し、阿佐ヶ谷地域の顧客にイタリアン惣菜のテイクアウトを提供。「スーパー・コンビニの味に飽きている」課題を解決し、当社の業態転換を実現。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 おうちで外食!?ECとリアルのマリアージュが生み出すコロナに負けない飲食事業! 町田市内で焼肉屋3店舗を展開する当社は新型コロナウイルスによって前年同月比約65%減の大打撃を受けた。今回は「おうちで外食」をテーマとした焼肉とワインのテイクアウト店とECサイトの経営を新たに開始することで、感染症リスクに強い盤石な経営基盤を作り上げたいと考えている。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 業務用ベトナム料理加工商品製造販売事業計画 他一件 当社は従来、店内飲食が中心であったためコロナ禍の影響を直接受けた。  そこで、事業再構築のため、新たに業務用のベトナム料理加工商品の製造販売と、テイクアウト専用窓口での持ち帰り弁当の販売を行う。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 オンライン専用の注文システム活用によるテイクアウト・デリバリーに特化した新店舗展開 本事業では、オンライン専用の注文システムを活用し、テイクアウト・デリバリーに特化した新店舗展開に取り組む。そして、DX(デジタルトランスフォーメーション)を確立して、他の飲食店舗の模範となるような新しいビジネスモデルを構築する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 キッチンカーによる移動販売実施 新しい顧客層、移動が億劫または困難であった潜在的顧客層の獲得、既存サービスのシナジー  による認知向上、売り上げの多角化を図ることを目的にキッチンカーによる出張サービスを展開  する。キッチンカーでは仕入れた魚貝を使った弁当を主に刺盛りや魚貝のテイクアウトの販売実  施を行う。午前中〜昼過ぎにかけて新たに営業活動を実施する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 新規顧客層開拓のためのから揚げ専門店出店計画 現状、ビジネスマン・OL向けの居酒屋店を運営しているが、このビジネスは夜間外出制限  が大きな脅威となる。これを補完すべく、一般家庭向けの食卓需要を狙ったテイクアウト  型から揚げ専門店を展開する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 テイクアウト販売の開始 レストラン営業は、新型コロナウイルス感染症の影響による時短要請や三密回避のための座席数減少で、稼働率が低下している。当店の固定ファン客にテイクアウト販売を開始し、多くのお客様に喜んでいただきたい。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 コロナ対策を徹底したテイクアウト専門のフルールサンド店事業 コロナの影響で既存のラーメン事業の客足が減少。コロナの外出自粛によって生まれた宅食のスイーツ需要を捉え、本補助金を用いてコロナ対策を徹底したテイクアウト専門のフルーツサンド店を出店
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 豊洲仲卸直営すし店「つきじ鈴富」によるイーコマース参入事業 既存の「すし飲食店」「すしテイクアウト店」事業に加え、新たにライブコマースを柱とした「EC販売」事業に参入する。豊洲市場仲卸直営の価格メリットを活かした競争力強化と高収益構造への転換を図り、安定経営を確立する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 脱居酒屋 小籠包専門店の立ち上げで 食事とテイクアウト需要の獲得へ 強みの飲食業を通じて、テイクアウト、デリバリーの需要も獲得出来る『ランチ』『カフェ』『ディナー』『テイクアウト・デリバリー』の4つ状況で需要を獲得できる『台湾料理 小籠包専門店』の新規立上げを行いたいと考えております。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 大胆なDX構築による「老舗ホテルまるごとオンライン化」事業 創業73年のホテルが、テレワークカフェやコワークスペース新設、テレワークや会合向け新商品、大胆なDX化によるテイクアウトや宿泊のEC予約、決済、自動チェックイン・アウトのシームレスなシステムを構築する
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 地物の旬を健康志向で提供する非接触テイクアウト店での新分野進出 新型コロナにより飲食店売上は落ち込み回復は困難です。非接触を徹底したテイクアウト専門店に新分野進出し、三浦・横須賀の農家、漁業関係者と連携し、地物食材や健康志向で料理提供を行い、V字回復を目指します。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 イタリアンのテイクアウト専門店・デリバリー業態の新規開業 JR藤沢駅周辺の住宅街沿いの路面に、新規物件を取得しイタリアンを中心としたテイクアウト専門店を開業する。 厨房側では、ゴーストレストランとして、デリバリー向けの各種専門店、複数店舗を企画し運営を行う
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 ポストコロナを見据えたジュース・スムージー事業のビジネスモデル変革 テイクアウト・通販に適した新商品を開発し新セントラルキッチンで製造する。直営店・人的サービス中心の事業からFC店を通じて当社商品を提供する事業に転換することで人手不足の課題も解決し、事業の収益改善と成長を目指す。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 フランチャイズで新市場・新規出店に挑む事業転換計画 宇奈とと(うなぎファストフード)フランチャイズとして、商品(うなぎ)・提供方法(テイクアウト・デリバリー中心)・エリア(川崎市)全てを新たに開始しアフターコロナを乗り切ります。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 ムスリム専用の洗浄設備付き礼拝室を備えたハラールラーメン店 コロナ禍での売上減少・客層変化等の課題に新たな新製品・新サービスの提供で対応する。ハラール対応の新製品、礼拝室の提供、テイクアウト・朝食対応で新たな客層を取り込み、地域へも新たな客層を呼び込むことができる。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 飲食店舗を2店閉店して、高級食パン専門の製造・テイクアウト専業店の出店 コロナの影響で構造的赤字に陥った大型ステーキ店とラーメン店の2店舗を閉店し、テイクアウト専門の高級食パン製造小売り専業店を開業し、リモート勤務や授業、在宅ワークの需要を取り込み、持続的に息の長い事業を創造していく。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 美味しい焼肉を提供することでみんなを元気にし、換気の優れた店舗への転換 コロナ禍による影響で宴会が主力の居酒屋形態から、食事メニューが中心の焼肉業に事業転換する事にしました。あらたにファミリー層の開拓、付加価値の高い食事メニューの提供、テイクアウトも導入し、コロナ禍でストレスを感じている方々に少しでも笑顔で元気になっていただきたい。  ファミリー層の方々にも安心して来店していただくために換気設備も整えたいと考えます。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 プレミアムバーガーのテイクアウト・デリバリー販売の実施 地域住民の中食需要に応えるため、プレミアムバーガーを開発し、新たにテイクアウト・デリバリー販売を開始する。調理のため、スチームコンベクションオーブンを導入する他、店内の一部改修を行う。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 コ!ピーピーデリ~タイ料理だけじゃないデリ 非接触オーダーシステムを導入した「テイクアウト専門店」をOPENします。ベースはタイ料理ですが、他ジャンルの料理やデザート、ドリンクなども幅広く楽しんで頂けます。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 から揚げのテイクアウト専門店の新規展開による事業再構築計画 飲食店の管理統括業を営む当社は、新型コロナウイルス感染拡大による飲食店の経営悪化を受けて売上高が大幅に減少したことから、コロナ禍・アフターコロナの顧客層のニーズに応えるテイクアウト専門店(から揚げ専門店)を新たに展開し、コロナ禍でも成長し続けられる事業の柱を構築することとする
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 横浜唯一の地元醸造無添加醤油とマッチした唐揚げ特化事業 焼き鳥居酒屋を経営していたがコロナ禍で売上が激減し、2021年3月に閉店。焼き鳥はテイクアウトに向かず、店内飲食のみの継続は困難だ。そこで高需要の唐揚げ市場に参入し、テイクアウト中心の唐揚げ特化店を始める。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 コロナ禍により激減した売上をⅤ字回復させる為新たな顧客獲得を目指す積極的事業計画 開業以来米軍基地の軍人を顧客に順調に売上を伸ばして来られた点は強みではあるが、コロナ禍により米軍が外出禁止令を発令、売上が激減し経営の弱点がはっきりした。この機会を経営改革のチャンスと捉え、どぶ板通りという好立地を生かしてテイクアウト事業を展開、誰もが気軽に立ち寄れる店作りの足掛かりにし、コロナ終息後には従来の顧客である軍人にも戻って来て貰える店舗にしたいと計画している。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 ふっくらお好み焼きの宅配とスイーツメニューの開発・提供 お好み焼きや鉄板料理が評判の居酒屋でテイクアウト・宅配を始める。また、地域の人の憩いの場として、新たにスイーツ(たい焼き、かき氷)を提供する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 地域初!本格熊本馬料理専門のテイクアウト店による事業再構築の取組 地域内では初となる熊本馬料理のテイクアウト専門店を新たに出店。だし酢で食する元祖熊本式唐揚げ等の新メニューを提供しつつ、熊本県のアンテナショップとしての役割を果たすことで認知度を高め、売上高・利益を向上させる。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 真鶴産の新鮮魚料理とテイクアウト提供、オリジナル特産品販売の飲食店事業への進出 私達の一番の強みである「魚料理の美味しさ」を活かした魚料理店をJR真鶴駅近くに出店する。店舗にテイクアウト窓口を設け、魚料理を使った弁当のほか、真鶴の特産品として育てているPB商品を販売し、宿泊事業から飲食店事業への事業転換を図る。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 セルフレジ・セルフオーダーシステムを使用した3毛作飲食店 新たに「店内・テイクアウト・デリバリー」を1店舗3種の販売方法で運営する。セルフオーダーシステム/セルフレジを使用し店内もテイクアウトもデリバリーも非対面で、3業態を1店舗で運営することが出来る新しい業態とする。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 中食事業展開とテイクアウト販売所設置による販路開拓 健康的な惣菜を中心としたスマートミールメニューの事業化し、中食テイクアウト事業を通じて、食の善循環を実現する。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 無添加惣菜及びヘルシー弁当のテイクアウト事業 「健康」に特化した惣菜・弁当メニューを提供する。既存のテイクアウト寿司事業と社外の健康惣菜ことこと社が提供している無添加惣菜製造技術等の技術指導を受け、既存店舗の三条店を改修し、補助事業を実施していく。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 飲食店のテイクアウト事業・EC販売事業計画 新型コロナウイルス感染症の流行により減少した店内飲食売上に代わる売上としてテイクアウト・EC販売事業を開始する。EC展開で地元の特産を活かした看板メニューを全国区へ昇華させる。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 旬の食を通じ、感動の機会を提供するコース仕立てのテイクアウト コロナ禍でも変わらぬ「人が生きていくために必要な食、日本固有の豊かな食文化」を守り、伝え残していくため、既存飲食店業の枠に留まらず、コース仕立てのテイクアウト「本日の八寸」を中核に、4つの切り口で新事業を展開
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 世の中に必要とされる、皆が笑顔になれるレストランの再出発事業計画 売上高50%以上ダウン。原因は法人等団体宴会がコロナ禍でなくなったことによる。解決策として、店舗移転縮小し、まず固定費の圧縮。また完全区画形式の厨房を新設し、料理の陳列販売とEC事業への参入、非接触システム導入でテイクアウト販路拡大を目指す。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 【外食】から【中食】へ 街(待ち)から出ていく攻めの集客 外食に頼らない中食への新分野展開  単なる店舗でのテイクアウトだけではなくキッチンカーを使うことによって  店舗外での積極的な商品販売を行い、今まで来店機会の無かった  顧客への販売と、既存店舗のアンテナショップとして相乗効果を生み出す
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 五感で楽しい、食べて美味しい!フリフリチキンテイクアウト事業 当店はテイクアウト用の設備やスペースが無く、コロナ禍の中で苦戦しています。新たにテイクアウト専門の店を展開し、美味しいだけでなく「五感で楽しい」要素を取り入れることで、若者の口コミから顧客獲得につなげます。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 非対面対応型飲食、及びテイクアウト対応型店舗の展開 新型コロナウイルス感染症の影響により減収が続く中、新しい生活様式に対応した飲食店への業態転換を図った上で、非対面型対応飲食・テイクアウトの需要を積極的に取り込み、付加価値額の増加を目指す。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 焼肉事業(店内飲食)から唐揚げ事業(持ち帰り飲食)への主たるの事業転換による経営改善 私が経営する沼津駅前の焼肉店は創業11年目であるが、コロナ禍で売り上げが激減し、存続の危機に瀕している。そこでコロナ禍により市場が拡大している鳥の唐揚げテイクアウト専門店を新たに開店し、主たる事業を転換することで、経営を立て直す計画である。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 居酒屋からの完全撤退と「から揚げテイクアウト」へ事業転換 居酒屋6店舗全てを社員へ「のれん分け」、社員の雇用を維持しながら完全撤退を図る。同時に新規に「から揚げテイクアウト事業」を立ち上げ、美味しいから揚げの提供を通して、”人々に元気と感動及び心の豊かさを届ける”
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 居酒屋から焼き鳥テクアウトで事業拡大、売り上げアップ計画 居酒屋を営んでいるが売上が低迷しており、コロナ後も売上は元には戻らないといわれている。そこで居酒屋を閉  店し、フランチャイズの焼き鳥テイクアウト店として新規の場所に店舗展開して事業再構築を進める。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 テイクアウト栗スイーツ専門店出店と栗菓子の新規製造・卸売事業 新たな収益確保のため、飲食事業で培った和栗の風味や美味しさを最大限に引き出すノウハウ、知名度を活用したテイクアウト専門店の新規出店と、新設するセントラルキッチンを活用した新たな商品の新規製造、卸売事業を展開する。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 唐揚げ専門店新規出店 現在ラーメン店を経営しているがコロナの影響で、売上が下がり立地的にテイクアウトに向かない為、思い切ってテイクアウトに特化した唐揚げ専門店を違うエリアに新規出店する。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 地産地消の地ビールビアスタンドと水戸名物の蒲焼の冷凍食品化 コロナ禍で割烹料亭は事業継続が困難なため、テイクアウト最大化のため蒲焼の冷凍食品製造により業態転換する。同時に、毀損した事業に新たな収益源を作るため、地ビール製造とビアスタンド事業により業種転換する。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 衛生面を配慮した個包装サンドイッチとプリンのテイクアウト専門店 既存事業の居酒屋業界全体の縮小や、コロナウイルスの影響が未だに解消されないリスクから当社の経営資源の最適化を図るべきと判断し、自社の強みである、地元壬生町の顧客基盤や、人的ネットワーク、目の前に総合病院がある立地を活かして、テイクアウト型特化の『サンドイッチとプリンの専門店』を新たに立ち上げる。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 コロナ禍で居酒屋をどう変えるか?社運を賭けた僕らの事業再構築 コロナ禍で顕在化した居酒屋専業のリスクを分散、低減させるため、スクラップ&ビルドの手法により「昼に営業できる店」「テイクアウトができる店」「日常食を提供できる店」を組み合わせ、収益構造の抜本的改革を図る。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 日本一の人財力を活かしたテイクアウト体制構築による業績V字回復 新型コロナの影響で増加が続く内食需要に対応するため、来店客のみに依存した従来の事業からの脱却を図る。全国ナンバーワンに選ばれた弊社の人財力を活かし、大手寿司チェーン店を凌駕したテイクアウトサービスを構築する。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 地域密着型ハイブリッドホテルの構築 単なる宿泊業だけではなく、リモート社会のニューノーマルと言う新しい習慣に対応したレンタルオフィス、レンタルスペース、レンタルスタジオ、テイクアウト弁当販売も可能な全国に類を見ない地方都市における新しいハイブリッドホテルのブランド化を目指す。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 店の味を冷凍自動販売機と電子レンジで実現する!コロナ時代の飲食業の新事業展開 コロナ後のテイクアウトでは補えない売上低迷を、看板商品を電子レンジで加熱するだけで食べられる冷凍食品として開発し、自社店舗に冷凍自動販売機を設置することで、コールドチェーン以降のコストを大幅に削減し24時間販売を実現して、飲食店の事業を再構築する。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 居酒屋から自動販売機を活用した非対面式弁当販売への事業転換 居酒屋再開の目途が立たない中、テイクアウトでの経営維持に限界を感じ、店舗改修・生産工程の機械化・自動販売機と既存タブレットを活用したセルフオーダーシステムにより販売数を増加させ、生産性を向上させます。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 既存レストランのブランドを活用したテイクアウト店 の運営 既存レストランのブランド、調理技術、仕入れ能力を活用し、テイクアウト専門店を運営する。同店舗は「大宮駅グランドセントラルステーション化構想」とリンクしており、大宮地区の地域創生チームに参加する。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 このままでは終われない!居酒屋が!高級食パンに挑戦 大衆居酒屋が「メイド・イン・埼玉ブランド」の高級食パンの製造・販売に業態転換。  コロナ禍で大きな回復の見込めない既存事業での人脈・人材を活用しながら、地元食材にこだわった食パンでテイクアウト事業へ挑戦。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 から揚げテイクアウト専門店の新規転換による事業再構築計画 千葉県にて焼鳥店など飲食店を10店舗以上経営する当社は、真ヶ谷コロナウイルス感染拡大により売上高が大幅に減少したことを受け、コロナ禍でも好調なから揚げテイクアウト専門店を新たに展開し、コロナ禍でも成長し続けられる事業の柱を構築する事とする。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 1階の路面店への新店舗移転によるテイクアウトおよびデリバリー販売 現状、イートインの飲食店であり雑居ビルの9階に店舗がある。テイクアウトやデリバリー販売を行う際には9階店舗では実行が難しいため、既存店舗を撤去しテイクアウトやデリバリーを軸としたレイアウトに変更し、1階の路面店への新店舗出店を行う。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 テイクアウト・デリバリー事業の構築および大衆食堂酒場への転換 昼は弁当のテイクアウト・デリバリー事業、夜は大衆食堂酒場の営業という「二毛作型」の営業体制へ切り替える。食肉の仕入れルートを生かしてバーベキューセットを販売する。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 [業態転換」飲食店舗形態の多角化(テイクアウト・デリバリー) イートイン主体から、テイクアウト・デリバリー主体へ事業を転換するために、新型店舗(デリバイリー・テイクアウト型、ゴースト店舗)を開発、出店する。新業態に合わせたシステム投資(非対面の要素も併せ持つ)も行う
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 地域密着型居酒屋が台湾カステラ販売へ!店内飲食激減に対応 密になりやすい店内飲食の小規模店舗を経営する自社が、売上激減の歯止めをかけるべく、台湾カステラ専門店(テイクアウト専門)を新たに収益事業として構築し店舗展開を図っていくことで事業再構築を行う
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 中華料理店経営からテイクアウト・通販事業への業態転換 中華料理店経営は新型コロナウイルス感染症の影響で危機的状況にあり、代表者が得意とする総菜など持ち帰り商品の開発力を活かしたテイクアウト・通販事業に業態を転換し、業績向上を図る
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 新たな生活様式を取り入れるための飲食店の事業計画 ウィズコロナ時代の新しい生活様式に適合した新業態として、テイクアウトと立ち飲みを掲げ、新店舗の物件も確保している。相見積もりを取得したうえで工事業者等を選定しており、新店舗の改修金額等の総額は43,200千円(消費税別)の予定である。2021年4月に内装工事を開始し、2021年6月上旬に新店舗がオープンする予定である。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 健康、衛生、老舗、女性をキーワードとした鶏料理のテイクアウト・デリバリー 東京近郊の拝島で居酒屋を営業している。コロナ禍の影響で、客数や売上が激減。  そのため、現在の客層と違う、近郊の女性・家族等をターゲットした、健康志向の新たな商品をテイクアウトや配達で提供する鶏料理屋を開店する。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 オーストラリア、ポルトガルレストランから希少なラム肉を使用したレストランとデリバリーテイクアウト、EC事業への業態転換 日本初上陸の特殊なラム肉を使用した、イートイン、デリバリー、テイクアウト、酒販ライセンスを取得したマルチ販売ルートのラム肉専門店とコロナ対応換気システムを実装したジンギスカン店を出店し、コロナ禍でも集客と売上を獲得しつつ、ラム肉のマーケットを開拓していきます。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 鹿児島県産黒豚を使用した「広尾の豚まん」のテイクアウト・ネット通販事業 コロナによる営業自粛や時短営業の影響で、経営する焼肉店の来客数が激減したため、その解決策として、東京都内ではほとんど流通していない希少価値の高い鹿児島県産の黒豚を使用した豚まんを新たに商品開発し、テイクアウト及びネット通販により販売します。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 業界の課題を解決し、新しい市場をキャッチする大胆な製造事業 本事業ではビールを中心とした飲食業からビール製造業に業種転換し、飲食業を中心としたビールOEM製造及び缶ビールOEM製造に着手することで業界内の課題を解決し、伸びているテイクアウト市場をキャッチする。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 急速冷凍装置導入による冷凍からあげ等のEC販売による新分野展開 海鮮や自然薯の居酒屋、からあげテイクアウト、食パン販売の飲食業から、急速冷凍装置を導入して食品加工センターにてからあげの冷凍食品を製造してEC販売事業に参入することで新分野展開を行います。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 【TOYOLab】展開計画 *テイクアウト・デリバリー専門店 通販・惣菜市場の製造拠点構築 フレンチレストランをしておりますが、コロナ禍で通信販売の事業を始めました。今後も継続的に売上を伸ばすために、ラボ(製造拠点)を設立し、テイクアウト、デリバリーに特化した店舗を開業します。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 コロナに打ち勝つ!高品質・低価格・完全非接触型テイクアウト専門ハンバーガー店の開発 完全非接触注文・会計システム及び効率的な調理機器を導入し、オペレーションコストを削減する事による完全非接触注文・高品質・低価格のテイクアウト専門のハンバーガー店を開業
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 「テイクアウト/デリバリー」を主軸にした中食業態への進出 居酒屋及び焼肉という外食経営から、これまで着手したことが無いテイクアウト/デリバリー業態に進出する計画です。新業態は新ブランドを立ち上げずに、既存ブランド“スタンド富士”の改装及び新店出店時に新業態用の調理機器、POSシステム等を導入します。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 地域の活性化に寄与する差別化されたテイクアウト専門店の実施 当社は東京都杉並区高円寺エリアで開業している店内飲食が中心の餃子居酒屋である。コロナ禍を新しい社会環境への変化を転機と捉えて、会食需要の「居酒屋」業態から、競合とは差別化されたテイクアウト専門店を開業することで、企業の持続的な成長を目指す。具体的には、今回は、「丸山鶏飯製作所」として「シンガポールチキンライスとグリーンカレー」を中心としたテイクアウト専門店としたテイクアウトサービスを行う。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 テイクアウト専門のハンバーガー業態への進出 ■特徴:『グルメバーガーのクオリティをマクドナルドの価格で』提供するテイクアウト専門のハンバーガー店   高クオリティかつ低価格な商品を提供することで、これまでマクドナルド1強かつ右肩あがりのハンバーガー市場への参入。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 ミシュラン星獲得店による革新的テイクアウト及び生産性向上計画 ミシュラン星獲得店『アルシミスト』は新店舗に移り、調理・接客スペースを広げ、新規にテイクアウトを始める。本場フランスの味を再現した革新的メニューをSNSで発信すると共に、最先端の調理機器を活用して生産性向上も目指す。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 「テイクアウト・デリバリー、ECサイトを通じた韓国料理、食材等の販売と、アプリ開発による顧客の囲い込み事業 セントラルキッチンを増強し、新規に出店するテイクアウト・デリバリー店やECサイト等を通じて「中食」向け新商品等を販売すると共に、アプリ開発により顧客の囲い込みに取り組む。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 加熱調理済み冷凍ラム製品と自家製クラフトビール開発 看板商品ラムチョップの調理済み冷凍商品と自家製クラフトビールを製造する設備を導入し、拡大する「中食」需要を取り込むためテイクアウト、デリバリー等で販売する。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 テイクアウト販売による販路開拓とウイズコロナ対応の店づくり 来店に依存している既存店舗からの脱却を目指し、店舗移転により、思い切ったテイクアウト商品開発と販売によるウイズコロナにおける生産性の向上と収益力の強化を図り、新たな雇用と地域経済の活性化を図る。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 人気餃子店ライセンス取得と機械導入による量産化・販売チャネル拡大事業 コロナ禍でカフェ業態を展開する当社売上は大幅に減少。人気餃子店のライセンス権取得と機械化により餃子事業を立ち上げ、テイクアウト・EC販売にも対応。新たなマーケットの開拓及び売上のV字回復を目論む。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 レストラン アシエット ベーカリー&ペストリー新設計画 フランス料理とパン、ケーキなどを融合したテイクアウト事業  新型コロナウィルス感染拡大の影響でレストランで会食する機会が減っている現状を打開すべく、テイクアウト部門を大幅に新設する。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 豊洲市場の魚介で作る「締めたてテイクアウト」サービスの提供 当社は日本料理店を1店舗経営しているが、既存事業以外へ経営リスクを分散することが課題である。そこで新たに、豊洲市場の魚介で作る「締めたてテイクアウト」を開始し、近隣住民の中食ニーズに答える。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 生産過程の再構築を通じた非店内飲食顧客向け事業の拡大計画 セントラルキッチンを設置し宅配・テイクアウト顧客向けメニューの単位時間当たりの提供量及び効率化による原価削減を実現し、事業の効率化と収益性を確保しつつ非店内飲食顧客向け事業への事業の再構築を行う。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 デリバリー&テイクアウト事業への新分野展開計画 ①「現在の事業の状況」新宿区新大久保にある『金達莱』(キンタツライ)を継続運営する  ② コロナ禍でイ-トイン業態の飲食業全体が苦境に陥る中、当社も直近での売り上げが前期より大幅に減少して危機的状況に陥っています。この苦境を乗り切るためにデリバリ-やテイクアウトといった非対面で食事を提供できる新分野の業態へ転換は必須課題となっている。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 テイクアウト弁当販売と朝食シリアルのオンライン販売への新分野展開 弊社の主軸事業は飲食店(カフェ)運営であり、コロナ禍で経営が安定しないため、テイクアウト弁当販売を開始・朝食シリアルの製造とサブスクリプションサービスでの通販事業を開始することで、新たな市場を開拓し、売上向上と経営の安定を図る。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 非接触型店舗及び郊外・地方への店舗展開強化による事業再構築計画 新型コロナウイルスの影響により消費者の生活様式が変化する中、非接触型店舗の展開やデリバリ-・テイクアウト販売の強化は、with/afterコロナの消費者ニ-ズに合致した事業展開と考える
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 ウィズコロナ・ポストコロナを見据えたテイクアウト・お土産事業の開発・事業化 当社はワインバーとイタリアンレストランを経営しております。コロナで売上が減少し、夜業態の飲食店の限界を感じています。新事業では、テイクアウト需要の取り込みとワインやお土産の物販、さらにお土産の開発及び販売に挑戦します。また、昼業態の店舗に移行することで、安定した売上獲得を目指します。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 居酒屋からテイクアウトへの事業転換による雇用維持と事業再構築 コロナ禍で居酒屋事業の売上が激減したため、不採算店舗を撤退する。併せて、「唐揚げテイクアウト店」「フライドチキンカフェ店」に新規展開をすることで、雇用維持の実現と収益構造の再構築を図る。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 新規事業からの現状利益回復、営業利益増強事業 好調な焼肉事業の中でも他店舗との差別化をはかり、質の良い材料を今まで培った仕入れルートから仕入れ、ハレの日の食事ができる店舗として、なおかつ感染症対策(換気、間仕切り、消毒、等々)の徹底した店舗改装をして店舗運営を行いたいと思っております。  またテイクアウトとデリバリーに関しては販売網の拡大、又は同じターゲット層が同じなので本事業の販促として相乗効果で運営できると思っております。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 「食」を守り「雇用」を創出するための既存店舗改装、新規出店計画 1)既存店舗におけるランチ営業の開始、テイクアウト強化  2)日帰り温泉施設におけるフードコート内レストランの運営  3)フレンチ喫茶として新たな市場の開拓
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 ドライブスルーを備えたビュッフェ形式のお店「バイキング(仮)」事業 ビュッフェ形式でテイクアウトや、イートインスペースの飲食も楽しめるお店を作り、ネット受注やドライブスルーでの受け渡しという、ウィズコロナに対応した新しいビジネスモデルを構築する。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 アフターコロナを見据えたテイクアウト専用飲食店への新分野展開 新型コロナ感染症の影響が大きい既存事業(ラーメン店、ダーツ事業)から、近年需要が高まっているテイクアウト専用飲食店事業への参入に取り組むことで、感染症に対する事業リスクを回避するとともに、既存事業にて培われた飲食店経営ノウハウ、ダーツ事業の販路を活かし、アフターコロナのV字回復を目指す。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 新たな生活様式に対応したテイクアウト・ベーカリーの展開 本事業は、レストラン・飲食店を運営する当社が、顧客の生活様式の変更に対応した新たなカフェ併設型テイクアウト・ベーカリーをオープンさせ、新様式店舗の拡大を図る事業である。
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 Withコロナ時代の多店舗飲食店経営の最適化~オペレーション・店舗機能の再構築~ 計画において4つの施策を実施する ①既存レストラン店舗を改装し、小売販売併用の店舗へと切替。②居酒屋店舗を製造工場に転換し自社ブランド商品の製造拠点とする。③フードコート店舗のリニューアルによりオペレーションの最適化と新開発のテイクアウト商品展開。④ホールオペレーション業務再構築。 以上の施策により現在からコロナ後の変化にも対応し、持続的な組織体制構築を図る。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 家庭の食卓でアキンドを~テイクアウト・デリバリー商品の拡充~ 店内飲食スペースの縮小及びテイクアウト・デリバリー商品の製造・販売を始める。  縮小したスペースはテイクアウト商品受け渡しカウンターの建築やテイクアウト・デリバリー商品の製造・保管スペースに利用。ご家庭で当社のしゃぶしゃぶを味わって頂く取組となる。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 キッチンカーの移動販売で、密を避けテイクアウトの新規販路開拓 コロナ禍で居酒屋は売上を落とした。店舗は夜から営業の飲食街施設内のためランチ営業もできない。そこでキッチンカーでテイクアウト販売可能な場所でランチや惣菜、コロナ終息後はイベントの出店で新販路を開拓。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 コロナに打ち勝つビジネスモデルの構築 コロナ禍でも業績アップの可能性がある焼肉店への新規参入。同時に通信販売とテイクアウトでコロナ禍でも対応できるビジネスモデルを創る。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 沖縄県飲食業を牽引する密を避けた店外空間の活用による業態転換 新型コロナの影響を受けた宿泊・飲食業の当社が、店内顧客とテイクアウト顧客の混雑による密の課題を解消するため、店外空間の活用と新メニューの開発により、テイクアウト専門の新たなサービスにて売上のV字回復を狙う事業
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 デリバリー・テイクアウト事業開始による業種転換 新型コロナウイルスの影響で主力事業の店舗売上は大きく減少しています。成長市場であるデリバリー・テイクアウト事業に参入し、売上構成比率をあげていくことで経営基盤を強化し、売上・収益の拡大を図ります。
宿泊業,飲食サービス業 緊急事態宣言特別枠 五感で楽しむ美容に良いクラフトソーダ&スムージー店開業計画書 経験豊富なバーテンダー技術を活かし、五感で楽しみながら沖縄県産素材・美容に良いソーダ&スムージーを  テイクアウトを主とし10代〜20代の美容・健康に気をつけてる観光客女性に向け販売するソフトドリンク専門店
宿泊業,飲食サービス業 通常枠 テイクアウトとロボットによる、三密回避+非接触型店舗への転換 イートイン型⾷堂での三密と、産直対⾯販売での接触機会という課題に対し、解決策としてテイクアウト型レストランへの転換とロボットを活⽤した産直販売オンライン対応を実施、安心安全エンタメ性を訴求し集客を図る

関連記事

  1. 1次(事業再構築補助金)の事業者で根抵当権が問題で交付決定が取消

  2. 事業再構築補助金代行コンサルティングサービスの秘密|M41相談無料

  3. 2次採択事例:不動産業 物品賃貸業の事業 事業再構築補助金 申請代行

  4. 採択事例:飲食業テイクアウト・デリバリーの事業 事業再構築補助金代行

  5. 採択事例:建設会社非対面式デザイナーズホテル 事業再構築補助金代行

  6. 採択事例:医療・福祉|事業再構築補助金申請代行